「国民年金」タグの記事一覧»マネーの達人

「国民年金」タグの記事一覧

国民年金保険料「産前・産後期間の免除制度」 出産日が平成31年2月1日以降の方が対象 まずは自治体で確認

始まっています。産前産後の国民年金保険料免除制度

厚生年金保険では平成26年4月1日から法改正があり、出産前後の一定期間(産前・産後期間)の「厚生年金保険料」は免除されています。 少子化対策の一環で次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った場合に、出・・・

国民年金の「3号不整合記録問題」 扶養から外れた手続きをしないと未納になる

日本の公的年金制度 公的年金制度は2階建てと呼ばれて、国民年金と厚生年金で構成されています。 国民年金 原則20歳以上60歳未満の人は強制的に被保険者となります。 厳密には、被保険者の区分(第1号被保険者、第2号被保険者・・・

海外居住の日本人が、一時帰国時に国内で受けられる、ちょっと羨ましい「3つのメリット」

一時帰国で受けられるメリット

海外勤務、国際結婚、留学などの理由で海外に住み始める日本人は少なくありません。 今は日本に住んでいても数年後には、自分や親族、友人が海外に住むことになるかもしれません。 今回は、海外で生活している日本人にだけあるメリット・・・

【社会保険加入】第3号被保険者の廃止より、「勤労者皆保険制度」に備える必要がある

安倍総理は2014年3月に開催された、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議において、 「女性の就労拡大を抑制する効果をもたらす税・社会保障制度の見直しや、働き方に中立的な制度について、検討を行ってもらいたい」 とい・・・

【平成31年4月から】国民年金保険加入者は「産前産後期間(4か月)」の保険料が免除になります。申請をお忘れなく!

「国民年金」は、20歳以上60歳未満の方で、厚生年金に加入していない方が加入します。 厚生年金と違って企業の負担分がないので、支払っていると少々高いな…と感じてしまうこともあるかもしれませんね。 フリーランスでやっている・・・

「免除」された国民年金、追納すれば将来の受給額が上がる。目安は「3月」「3年」「10年」

国民年金の保険料は原則として、翌月の末日が納付期限になるため、例えば2018年4月分の保険料は、2018年5月31日までに納付する必要があります。 ただ国民年金の保険料の徴収権に関する時効は、この納付期限の翌日から起算し・・・

バイト学生も「壁」に要注意! 気をつけるべき4つの壁は「103万円」「130万円」「194万円」「10年の壁」

2016年10月からパートなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が、従来よりも拡大されました。 そのため ・月収が8万8,000円以上 ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・雇用期間の見込・・・

60歳以降に働くと年金額が減る? 誤解の多い「在職老齢年金」、「生年月日と役職」が明暗の分かれ道。

働くと年金が減るって本当?? 定年退職後も働く予定の方が増えているせいか、60歳以降に働くと年金額が減るという話に、関心を持つ方が多いようです。 確かに「在職老齢年金」の仕組みにより、年金額が減る場合があるのですが、誤解・・・

「厚生年金」と「国民年金」の違いは日本史にあり。 制度成立時期を知ると、違いがよくわかる。

厚生年金制度の成立 厚生年金制度の成立は、1942年(昭和17年)です。 戦前の制度成立と聞いて、「ビックリ!」という人も少なくないでしょう。 注目すべきは、そのタイミングです。 日本は戦時下で、国家総動員法という法律が・・・

年末調整後に「扶養家族が増えた」「保険料を納付した」時は、どうしたらいい? その場合の対処法をお教えします。

会社員(正社員、パートやアルバイトなど)の方に対して、勤務先から支払われる給与からは、仮の金額の所得税が天引きされております。 また勤務先は年内最後の給与を支払うタイミングで、この天引きされた仮の所得税の合計額と、次のよ・・・

このページの先頭へ