「国民年金」タグの記事一覧»マネーの達人

「国民年金」タグの記事一覧

「9月末までの退職」は社会保険でお得になる? 退職のベストタイミングについて解説いたします。

僕はいつ退職したらいいのか

厚生労働省が2018年8月31日に発表した、7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比で0.01ポイント上昇して、1.63倍だったそうです。 有効求人倍率は「有効求人数÷有効求職者」で算出するため、これが1倍を超えるとい・・・

人生100年時代、「お金の寿命」が「自分の寿命」より先に来ないように準備を

人生100年時代

世界の中でもかなりの長寿国である日本。 その一方で年々出生数は減少し、少子化も進んでいます。 現在の日本の公的年金制度の下では、支える人が減り、支えられる人が増えている状況です。 これが進行すれば年金財政収支はどんどん不・・・

「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いがありませんか? 時効の2年を過ぎたら「過払い金」は取り戻せません。

社会保険に関する過払い金請求は、他人事ではない

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者に適用される、上限金利を定めた法律としては、上限を年15~20%とする「利息制限法」と、上限を年29.2%とする「出資法」がありました。 多くの貸金業者は、出資法の上限を超えなけれ・・・

「国民年金」と「厚生年金」、自分はいくら受け取れる? 仕組みや受取額を知って、計画的に老後資産を形成しよう

ほとんどの人にとって、老後の生活の糧となる大切なお金である国民年金や厚生年金。 皆さんは、自分がどのくらいの金額を受け取れることができるかご存知でしょうか。 そこで今回は、国民年金と厚生年金の仕組みを整理したうえで、実際・・・

国民年金をクレカで支払うと2年前納で約2万円もお得 注意点と還元率の良いカード会社はコレ

絶対に支払わないといけないモノ 日本で生活する以上、望む望まないに関わらず必ず払わなくてはいけないものがいくつかります。 税金、健康保険、そして年金です。 それぞれかなりの額になるので「痛すぎる出費」だと思っている人ばか・・・

「国民年金」は非常に高利回りな「金融商品」 どのくらいお得なのか試算します

高利回り「金融商品」である国民年金 国民年金は非常に有利で、高利回りな「金融商品」です。 社会保障制度である公的年金のひとつである国民年金を、「金融商品」などと言ってしまうのは不謹慎かもしれません。が、事実なんです。 実・・・

19年4月より「産前産後期間の国民年金保険料」が免除に その財源として年金保険料が「100円アップ」します

少子化対策の一環として、次世代育成支援のために 国民年金第1号被保険者の産前・産後期間の保険料の免除制度 が平成31年4月より始まります。 ここでいう産前・産後休業期間とは 健康保険・厚生年金保険の保険料は、労働基準法で・・・

「年金」とはそもそも何なのか? 年金は「法律」であり、長生きリスクに備える「保険」です。

年金とは、法律であり保険です。 再度、確認しておきます。 年金は、国営の強制的な貯金制度の払戻金でもなければ、国民全員参加型のファンドからの受取配当金でもありません。 このように言っても、なかなか信じてもらえません。 実・・・

「成人年齢引き下げは、18歳から年金の保険料を徴収するためではない」 筆者がそう考える理由とは

先日新聞を読んでいたら、2018年5月25日の衆議員法務委員会において、「成人年齢を18歳に引き下げする民法改正案が可決された」という記事が掲載されておりました。 この後は、同月内にも衆議員本会議で可決され、参議院に送付・・・

国民年金の保険料を「未納」していませんか? 払うのが困難な場合は「免除制度」や「猶予制度」を活用しましょう

収入が少なく、国民年金の保険料を納めていては生活が困難な方もいらっしゃると思います。 国民年金の保険料を「未納」にしていませんか。 「未納」ではなく、国民年金の保険料の「免除」というものがありますので、ぜひ活用しましょう・・・

このページの先頭へ