「基礎控除」タグの記事一覧»マネーの達人

「基礎控除」タグの記事一覧

「事実上の妻」に遺言を書いた山田雄二さん 3,000万円をあげた場合の税金はいくら?  基礎控除以下だと相続税はかからない?

遺言で財産を取得した場合相続税なのか贈与税なのか? 遺言で財産を取得することを「遺贈」と言います。 贈与税なら、3,000万円―110万円(贈与税の基礎控除)=2,890万円 これに贈与税の速算表にて 2,890万円 ×・・・

複雑化する税制改正「所得税改革」で挙げられている「給与所得控除・基礎控除」の問題について 

複雑化する税制改正

平成30年度税制改正大綱は2017年(平成29年)12月には作成され大々的に報道されましたが、正式に税制改正法が成立したのは、2018年(平成30年)3月下旬です(毎年、正式に決定するのはこの時期です)。 なお一時期「出・・・

「相続税」の課税対象者は100人中わずか8人 課税されない人は何も準備する必要はないのか?

どのくらいの人が実際に相続税を納めているのか 平成27年1月1日より相続税が増税になりました。 専門的な言葉をあえて使うとすれば最高税率が引き上げられ基礎控除が減額された、この2点が大きな改定点です。 「もしかしたら我が・・・

【相続税】節税対策より「相続対策」が大切です。遺言書が無くて争った身内たち。

相続税の改正により増加する「相続の相談」 平成27年(2015年)から相続税の改正があったため、最近では相続の相談も多くなってきました。 改正により対象者が増加 以前は100人の方がお亡くなりなると4人から5人程が相続税・・・

扶養控除から寡婦控除まで 「所得税の人的控除」のまとめ

所得税や住民税が課税される所得のことを課税所得金額と言います。 この課税所得金額は、給与所得などの所得金額の合計額から、社会保険料控除や扶養控除といった所得控除の金額を差し引いて計算します。 この所得控除のうち基礎控除や・・・

専業主婦が確定拠出年金に加入するメリットは入口より出口にある

お勤めしている会社が次のような企業年金を実施している、厚生年金保険の被保険者は、個人型の確定拠出年金に加入できません。 ・厚生年金基金 ・企業型の確定拠出年金 ・確定給付企業年金 また国民年金の第3号被保険者となり、保険・・・

今日からすぐに役立つ! 税金お得コラム(3) ~相続税・遺言編~

女優・川島なお美さんが死去されたというニュースが耳に入ってきました。何かを全うする人生を送るというのは本当に素晴らしい事です。謹んで敬弔の意を表します。 このニュースを踏まえ、今回の税金お得コラムは、相続税・遺言編です。・・・

知らなかったでは済まされない! 相続税における大事な注意点2つ

相続相談案件急増中 平成27年の税制改正により、今まで相続税を納める必要がなかった世帯でも、相続税が発生する可能性がでてきました。今年に入ってから私たち税理士事務所への相続税の相談も増加しています。今回は、「知らなかった・・・

花粉症と相続税の意外な共通点

 朝晩の厳しい冷え込みからも解放され、遂に花粉症シーズンも真っ盛り。既に花粉症の方は勿論のこと、今まで、花粉症とは無縁だった方でも、今年から遂に花粉症になってしまった方も多いのではないでしょうか。一説によると、花粉症とは・・・

相続税の基礎控除額縮小と3つの問題 相続税にまつわる井戸端会議(1)

 平成27年1月1日以降、相続税が改正されて増税されることは多くの方がご存知です。最高税率が55%に引き上げられる事もありますが、特に基礎控除額の縮小の影響の方が大きいでしょう。この改正により、課税対象者が約1.5倍に増・・・

このページの先頭へ