「定年退職」タグの記事一覧»マネーの達人

「定年退職」タグの記事一覧

副業を始める方や定年退職を迎える方は、「FP」や「簿記」の資格を勉強しよう

FPや簿記の知識が必要

会社にお勤めしている間は、税金や社会保険の手続きの多くを、勤務先の会社がやってくれるため、これらの知識がなくても困らないと思います。 しかし定年退職などで会社を辞めると、税金や社会保険の手続きを自分でやる必要があるため、・・・

「子育て終了。親の新たな人生」意外と減らない食費や交際費に、ある程度の節約は必要。

親の新たな人生の幕開け

子どもの卒業…それは親の新たな人生の幕開け 子どもの卒業、そして就職は、親にとって大きな安堵と喜びに満ちた出来事です。 そしてそれは同時に、親にとっても新しい人生のスタートです。 人生100年と言われる現代、楽しまなくて・・・

定年退職の直前になって「年金額が少ない」と気づいた時の対処法5つ

年金 定年

金融広報中央委員会は2016年2月から3月にかけて、18歳以上の金融リテラシー(お金の知識・判断力)の現状を把握するため、「金融リテラシー調査」を実施しました。 この調査結果を初めて見た時、特に印象に残ったのは、次のよう・・・

年金と退職金が減り、平均寿命が延びると、住宅ローンが老後を脅かす。今から対策を考えましょう。

年金の支給開始年齢の引き上げを考える 2017年も終わりに近づいたので、今年話題になったニュースを振り返ってみると、個人的には「年金の支給開始年齢の引き上げ」に関連したニュースが、もっとも印象に残っております。 その発端・・・

老後不安を解消する「生涯現役」という生き方 明るく豊かに過ごすために今からできることは?

「老後」はいつから? 一言で老後と言っても、人によって捉え方はさまざまです。 会社を退職する60歳以降を老後という人もいれば、年金を受給する65歳以降を老後という人もいるでしょう。 例えば、経済的な見方で、公的年金や退職・・・

リタイアした高齢者であっても負担しなければならない医療・介護保険は「口座振替」や「年金天引き」が選べる 有利な選択を考えてみました

公的な医療保険や介護保険は、リタイアした高齢者であっても負担を求められます。 確実に徴収できるよう、現役世代の給与天引きと同様に年金天引きも(金額によっては)行われています。 ただ種類によっては口座振替にすることもでき、・・・

【コインランドリービジネスの現実】予想売上より30万の赤字が数か月。実際に経営してみてわかった成功のカギ。

コインランドリービジネス 毎月60万円ほどの売上げが見込めると言われるコインランドリービジネス。カフェやコンビニなどと比べると、その売上高はほんのわずか。 ところが、そんなコインランドリービジネスが、サラリーマンや定年退・・・

住宅ローンの「魔法のことば」にご用心 定年近くになると、魔法がとけて馬車がカボチャに戻ります。魔法を解く呪文はコレ。

今借りている住宅ローンはいつまで返済が続きますか? 住宅ローンの返済額を尋ねると「月〇〇万円くらいです」と即答される方も、「返済が終わるのはいつですか?」と尋ねると口ごもる方が少なくありません。 また、住宅ローンの見積も・・・

働くことを辞めた時から老後が始まる! 老後の不安を解消する秘訣はコレだ

筆者がFPとしてお受けする相談テーマのほぼ全てはお金がらみのことであるが、やはり行き着く先は相談者の老後不安であることが多い。 定年退職して間もない人や50歳代に入り退職後の生活を意識した人ばかりでなく、30歳代〜40歳・・・

【退職金】受け取るなら「一時金」か「年金」どちらが有利? 考慮すべき点とは

Q:勤務していた会社の定年退職に伴い、退職金が支払われますが、私の会社ではその受け取り方法について、まとめて一時金で受け取るか、年金で受け取るか選択が可能です。どちらが有利でしょうか? 解説 1. 一時金で受け取った場合・・・

このページの先頭へ