「年金制度」タグの記事一覧»マネーの達人

「年金制度」タグの記事一覧

【老後資金の準備】まずは退職金と定年退職時の住宅ローンの残高を「見える化」せよ

金融庁が2019年6月に発表した、金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書(pdf) 「高齢社会における資産形成・管理」によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)は、収入と支出の差によ・・・

「在職老齢年金」対策で請負契約は要注意 「制度廃止」と「インボイス導入」の動きに注目

十分収入のある高齢者が気を付けたい税制

働いて給料をもらえるだけの十分な収入がある高齢者には、厚生年金の支給額を抑制する制度が在職老齢年金制度です。 ただ生涯でもらえる年金額が純減となるため、就労調整が起きるという問題点も指摘されています。 雇用契約でなく請負・・・

海外に居住しても、日本の年金制度に加入し続けられる? 複雑な仕組みやメリット、デメリットを解説

海外に居住したら、日本の年金制度に加入し続けることはできるの?

国際的な交流が活発化し、海外で生活されている方も年々増加しています。 海外在留邦人数調査統計(外務省・平成30年)によると、長期滞在者、永住者の合計額は、平成元年には約58万人だったのが、30年には約135万人にも上って・・・

生涯収支がマイナスになる「年金保険料」を支払うのはムダ?

公的年金制度が破綻(ハタン)することはありえません。 理由は、破綻しないように法整備されているからです。 このように説明しても、長年マスコミ報道などに汚染され続けてきた人はカンタンには納得してくれません。 納得できない理・・・

日本で働く外国人が増えているけど、国民年金に加入してるの? 払い損にならないための制度「脱退一時金」について

経済のグローバール化が進むなか、日本で生活している外国人も増えています。 仕事で来日してくる人もいますし、留学生として来日して学費などのためにアルバイトで働いている人もいます。 では、このように日本にいる外国人の方も、日・・・

「国民年金」は払い損? 納付率、制度への不満、年金保険の利用などから考えてみます。

2017年度の国民年金の納付率は66.3%。 年々改善が続いているものの、依然として高いとは言えない水準です。 しかも、保険料の全額免除者や納付猶予者を含めた実質納付率は40%強なんですって。 いやもちろん、これはあくま・・・

イギリスの年金は「自動加入」で「自動引き落とし」 国からの情報も少ないので働く人はしっかり確認。

イギリスの年金の変化 年金制度は日本だけでなくイギリスにも存在します。 イギリスの年金制度は、国民年金だけでなく個人年金のような年金機構が経営している年金も存在します。 イギリスの年金制度はPension(ペンション)と・・・

年金制度はもうグラグラ 積立NISAとiDeCoで老後の生活は自分で面倒をみる 

年金制度はもうグラグラ 2017年から専業主婦や公務員も加入が可能となった私的年金のiDeCoですが、 もう公的年金には頼らず自分でどうにか頑張ってください という政府からのお達しに見えて仕方がないのです。 高齢者の割合・・・

信頼できない年金制度から脱退して、保険料を取り戻すことは可能なのか?

原則65歳から支給される老齢厚生年金の受給権者に、一定の要件に該当する配偶者がいる場合には、加給年金が上乗せして支給されます。   また加給年金の対象になっている配偶者が65歳になった時には、加給年金は振替加算に切り替わ・・・

【受給資格短縮 10年年金】「そんなこと言っても貰えない」と諦める前に該当してるか見てみよう。

今年は年金制度について、大きな改正の年となります。 これまでは、老齢年金を受給するためには、保険料納付済期間などの資格期間が原則として「25年以上」必要でした。 しかし、その資格期間が10年以上あれば老齢年金を受給できる・・・

このページの先頭へ