「年金」タグの記事一覧»マネーの達人

「年金」タグの記事一覧

【増税の使い先:年金生活者支援給付金】要件を満たす人は手続きをお忘れなく

お金の並ぶ道を歩いてゴールを目指している老夫婦

2019年10月から消費税率が現在の8%から10%に引上げられる見込みです。 そもそも消費税の引き上げは、高齢化社会における社会保障の財源としての確保を目的とされています。 そこで、消費税率引き上げ分を活用し、「年金生活・・・

公的年金の「支給額をアップ」させる 「個人年金保険」の賢い利用法をご紹介

人生100年時代

人生100年時代という言葉をよく聞くようになりました。 人生を長く楽しめる一方で、老後が長くなる分、お金の心配をされていらっしゃる方も多いと思います。 そこで、老後に向けた準備の選択肢の1つとして、公的年金制度をベースに・・・

「人生100年時代」を楽しく過ごす鍵は「定年夫婦」  安心・安全に暮らせ、無駄な出費もなくなります。

定年後の生活

毎日が楽しく気ままにお金に悩むこともほとんどない生活。 こんな生活ができるなら、いつまでも続いてもらいたいものだと誰もが思うのではないでしょうか。 実は、完全リタイアした現在の定年後の生活というのは、このような状況に近い・・・

【老後資金いくら必要】65~95歳まで「3000万円」or「6000万円」 FPが教える具体的な試算結果

一説によると、老後資金として、65歳時点で3,000万円程度のお金が必要といわれています。 そんな大金が本当に必要になるのでしょうか。 年金受給額はいくらなのか 現時点での公的年金の受給額は、夫婦2人で毎月平均22万円程・・・

亥年は毎年ダブル選挙になり、争点がいつも「年金」になる理由

新元号が「令和」と決まりました。 本年、2019年は御代(みよ)代わりで、元号が変わるとともに、参院選も行われます。 亥年の選挙は、12年に一度のサイクルで、統一地方選挙と参院選が同時に行われます。 亥年の選挙は、地方選・・・

働きながらもらう「在職老齢年金」が支給停止となるケース 60歳台前半(60歳から65歳未満)の計算方法

老齢厚生年金を受給しながら会社でお勤めになっており厚生年金保険に加入している場合など「老齢厚生年金の額」と「給与や賞与の額」に応じて、受給できる年金の一部または全額が支給停止となる場合があることがあります。 これを在職老・・・

【人生100年時代の長生きリスクに備える】「貧困老人」にならないために、今から意識したい3つのこと。

人生100年時代と聞いて楽しいと思う人もいれば、不安を感じる人もいるかもしれません。 将来年金が減ると言われる現役世代の人たちは、定年後100歳までどのように生活費を工面すれば良いのか、心配な人もいます。 景気の先行きが・・・

人生100年時代は「健康余命」と「平均余命」で考える 年金「75歳繰り下げ受給」にもチャレンジ!

余命とは、特定の年齢以降に生き続ける期間の長さです。 ガン患者などに対して、「余命何か月」といった具合に使われる事例が多いです。 もちろん、健康な人にも適用されます。 平均寿命と平均余命 特定年齢に平均余命を足し算すると・・・

【短時間労働者に社会保険適用拡大】入社前に加入の有無を調べる方法 転職先を選ぶときにも、参考にしてください。

2016年10月から、パートやアルバイトなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が、以前よりも拡大されました。 そのため ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・月収が8万8,000円(年収だ・・・

高齢者向け高額療養費「負担限度額」改定の落とし穴 巧妙に仕組まれたワナとは

高額療養費の改定 平成30年8月、高齢者(70歳以上)に適用される高額療養費の負担限度額が改定されました。 具体的には、「現役並み所得者」というカテゴリーが改定され、ザックリ言って69歳以下の人たちと同じ負担を負うことに・・・

このページの先頭へ