「手数料」タグの記事一覧»マネーの達人

「手数料」タグの記事一覧

「手数料」商売を始めた銀行の獲物は、富裕層の眠ったお金 預金では儲からない時代を生き残る

眠った貯金で投資信託

富裕層のイメージ 「セレブ」 「成功者」 「ひと握りのエリート」 他にもいろいろあるでしょう。 富裕層という言葉は、本来金融機関のマーケット分類で使う用語が、世間一般にも広がったものです。 メディアなどでは「富裕層は全人・・・

「つみたてNISA」対象のファンドを購入 手数料は無料…と思っていたら違っていた

「金融庁のお墨付き」とも言われる「つみたてNISA」の対象ファンドなら、安心して購入できそうだし、購入手数料もゼロだし、これらを購入したいと検討する投資家もいるでしょう。 でも、購入時手数料(買付手数料)が確実にゼロなの・・・

イギリスのATMは24時間手数料無料 しかし入金はできず、引き出せる額や紙幣にも限りがある。 

イギリスでのATMの使い方

イギリスでは日本と同じように街のいたるところにATMがあり、24時間利用できます。 今回はイギリスのATMと日本のATMの違いに焦点を当ててご紹介したいと思います。 イギリスのATMは基本的に利用料無料 イギリスの主要銀・・・

使ってない銀行口座はありませんか? 2018年中に解約しないと「休眠口座」になり、手続きが面倒になったり損します。

放置している「休眠口座」はありませんか? 「使わない銀行口座も、解約が面倒で放置している」という方も多いようですが、長い期間使わないまま銀行口座を残しておくと、お金を引き出す手続きが煩雑になってしまったり、手数料を徴収さ・・・

【小説】消費税アップの前に「今、家を買うべきか」FPに聞いてみました。

消費税の前に「今、家を買うべきか」人物紹介 夢ゴロウ(先生) … 紀州のFP「なぞの男? 年齢不詳」 相談者(夫婦 )… エイト28歳(年収430万円/所得税15万円)         …  妻ココ31歳 今日は朝早くか・・・

「インデックスファンド」と「アクティブファンド」って、どちらを選んだ方がいいの? それぞれの違いと代表銘柄を紹介します。

投資信託は2018年10月現在、約6,000本あります。 その中で運用方法の違いから「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2つに大きく分けることができます。 初めて投資信託を購入する人にとっては、どちらのファ・・・

米国株の取扱い銘柄数、低コストで話題の「サクソバンク証券」とは? 取引の概要、購入時の注意点を解説します。

2018年9月にサクソバンク証券が日本の米国株取引に参入しました。 ≪画像元:サクソバンク証券≫ 米国株といえば、 SBI証券、楽天証券、マネックス証券の大手3社を通じて取引する のが、日本国内から投資をする場合は一般的・・・

裏事情から学ぶ 銀行で「投資信託」を購入するときの注意点3つ

投資初心者が銀行に相談するときの注意点 最近、日経平均株価がバブル以来の高値を付けたり、ドル円が今年最高値を付けるなど相場環境は良くなってきています。 投資環境が良くなってくると、投資を検討してみようと考える人は多くなり・・・

投資信託の手数料「あり・なし」で何か違うの? 初めての「投資信託選び」で誤解しがちな2つの手数料について

手数料が高いと「何か良いこと」が起こる? 資産運用のご相談を受けていますと「保有している投資信託についてどう思うか、意見を聞かせてほしい」といった内容を受けることがあります。 この時、相談者側の意図としては、購入した時の・・・

老後資金を貯めるなら「iDeCo」が圧倒的におすすめ でも銀行は全然儲からないのでお勧めしません

iDeCoとは、個人型確定拠出年金の愛称のことです。 お得に老後資金を貯めることができる国が作ってくれた制度です。 ではなぜiDeCoを利用した方が良いのでしょうか? 答えは、公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)だけ・・・

このページの先頭へ