「控除」タグの記事一覧»マネーの達人

「控除」タグの記事一覧

家族(配偶者・子・親・兄弟・親族)を扶養に入れる 税金、年金、健康保険ごとに異なる条件を徹底解説

扶養に入れる条件

家族を扶養に入れるなら 「子どもを扶養に入れるなら夫の方? 自分の方?」 「年収の境界線、加入している協会でも違ってくるの?」 「子どもの年齢やいつまで入れるのか、人数も関係してくるのでしょうか?」 「例えば我が家の場合・・・

【児童手当】6月末までに現況届の提出を忘れない 所得制限の上限対策はiDeCoを活用

中学校修了前(15歳の誕生日を迎えた後の最初の3月31日まで)の、児童を育てる保護者に対して、児童1人につき月額で5,000円~1万5,000円の児童手当が支給されます。 児童手当は年3回に分けて支給されるため、 2月分・・・

年金を減額されても「繰上げ受給」したほうがいいケース 生活を維持するのもひとつの選択肢

【年金繰上げ受給】 いくらもらえる? 2つのケースの受給金額

老齢年金の受給には生年月日によって決められた受給開始年齢があり、多くの方はそのとおりに受給されています。 しかし、昨今は、65歳以降の本来の年金の受給開始を遅らせることによって受給額を増やす繰下げがクローズアップされ、希・・・

【生命保険】解約を2020年以降にした方がよい理由は所得税・住民税にあり。FPが詳しく解説

先日に新聞を読んでいたら、外貨建て保険の販売数が伸びるとともに、これに関する銀行と顧客とのトラブル、特に高齢者とのトラブルが急増しているという記事が掲載されていました。 この原因について調べてみると、 「元本割れリスクに・・・

老後資金の確保「個人年金保険」と「iDeCo」の受取額を比較 そしてiDeCoをすすめる理由

老後の備えは「自助努力」 先日政府は希望する人が70歳まで働けるようにするための制度案を示しました。 ここでは、年金の支給開始年齢を引き上げるようなことは出てきませんでしたが「いずれは年金の支給開始年齢を引き上げるのでは・・・

「ふるさと納税+配当・株譲渡」の還付申告を4月頃までに済ませないと損するしくみは?

確定申告期間が終了しても、還付申告は5年間可能とは言われています。 株式の配当・譲渡所得(源泉徴収有特定口座)とふるさと納税を組み合わせた申告も、還付申告となるケースが多いです。 ただこの申告は住民税の控除拡大を目的とし・・・

「生命保険料控除」は実際どれくらいオトク? この金額をどう感じるかはあなた次第です!

「生命保険料控除ってどれくらい得するものなんですか?年末調整のときとかに控除証明書を書き写すだけなので、実際のところわからないです…」 こんな質問やご意見をいただくことが多いです。 ご質問いただく方の中には、 「保険会社・・・

「居住用の3000万円控除」と「住宅ローン控除」は併用できるのか?

Q:「2018年に自宅を売却し売却益がでました。その売却したお金と銀行借り入れで新居を購入する予定ですが、売却益には居住用の3000万円控除を使い、新居の購入には住宅ローン控除の適用を受けるつもりですが、可能でしょうか?・・・

【リタイア世代】払い過ぎた税金が戻る? 「シミュレーション」で申告が必要か確認だけでも、やってみよう!

確定申告のシーズンがやって来ましたが、所得税の確定申告は一定の条件を満たしていれば、その必要はありません。 その条件とは、一般的に ・給与年収が2,000万円以下の給与所得者 ・公的年金等の年金収入額が400万円以下の年・・・

【確定申告】会社員でも「還付金」がある可能性も! 「6つの項目」を再確認してみましょう。

毎年やってくる確定申告の時期が近づいてきました。 会社員の方はあまり縁がないかもしれませんが、対象なのに申告しないと還付されない税金もあります。 年末調整で出しそびれてしまった書類などがあるかもしれません。 今一度、これ・・・

このページの先頭へ