「教育費」タグの記事一覧»マネーの達人

「教育費」タグの記事一覧

「学資保険」は生まれてから入るのでは遅い 「出産後」ではなく「出産前」に加入した方がいいたった一つの理由

学資保険

先日、出産を控えた友人から「学資保険って必要かな?」と相談を受けました。 子供が産まれる事は喜ばしい事ですが、お金の事は気になりますよね。 出産に関わる費用はもちろん、生活費、養育費…。 今回の記事では学資保険加入のメリ・・・

教育費を貯める近道 「我が家のお金の計画表」を書くと、未来図が描ける  ~主婦の金バナ(23)

未来を紙に書くのは怖い

貯金を「自分事」にするために 前回の記事で、お金をためるためには、「いつかお金がたまるだろう」という「他人事」ではなく、「いつまでに、〇円ためなければならない」という「自分事」にすることが大切と、書きました。 その第1歩・・・

子供が生まれたら「学資保険に入ろう」はもう古い? 学資保険の3つの特徴とデメリット

学資保険に入るのは古い?

子供が生まれたら学資保険に入るもの。 一世代、二世代前にはそんなイメージがありました。 しかし現在は教育費をためる手段として注目されるのは、積立NISAをはじめとする投資信託商品。 同じ金額をためるのであれば、より多くの・・・

40代で子どもを授かったときのマネープラン。教育、住宅、老後資金を同時進行で作るためにやること。

がんばるアラフォー 最近、40代くらいのお母さんが赤ちゃんや小さな子どもさんを連れている光景をよく見かけます。 実際、40歳前後で初めての子どもを授かる家庭が増えていて、厚生労働省が行っている調査でも 婚姻数の減少と「晩・・・

離婚時の「養育費」はこう決まる 相手の収入が不明、もしくは収入額に疑問がある場合の取り決め方を解説

離婚の話が出てきたとき、未成年の子どもがいると 養育費の金額をどのように決めるか が大きく問題になります。 特に子どもが小さいと、高校へ進学した後の教育費が、きちんとまかなえるか不安になるところです。 実際のところ、教育・・・

私立中に入学したのに「自主退学」が増えている 中途退学を避けるために知っておきたい「予想外の出費」

中学受験の塾代に高額な費用を使っては、見学会や説明会で気分が向上し、頑張って勉強して合格を取りますよね? その後せっかく合格したのに、ある日突然、お子さんから退学したいことを打ち明けられる… そして事情を聞いたうえで、「・・・

昨年度開始した「私立小中学校の授業料支援制度」の落とし穴 ほとんどの家庭が支援を受けられない理由

現在お住まいの地域の教育事情や、将来の子どもの教育面で「小学校から私立へ入れたい」 「中学から私立校へ進学させたい」というご家庭が徐々に増えつつあります。 高校への進学は公立か私立などですが、平成26年度入学者から支援金・・・

知らないと損 「お金が戻る、お金がもらえる制度」はこんなにあります。

知っておきたい「お金の戻る」制度 あまり知られていませんが「お金を取り戻せる」制度があります。 「取り戻せるお金」 「もらえるお金」 全額とはいかなくても、少しでもお金が返ってくるのはうれしいことですよね。 実際に申請で・・・

あれば使ってしまう筆者が「やっておいてよかった」と実感した、2つのオススメ先取り貯蓄。

教育費はどーしてもかかる 幼稚園から大学まですべて私立だと約2,000万円、オール公立でもその半分ぐらいはかかると言われている教育費。 我が家の長女は現在公立高校の3年生ですが、卒業後は私立の四大(文系)に進むと言い出し・・・

子どもに保険はいらない? 新米パパ・ママが知っておくべき「子どもの保障と教育資金準備」

子どもが生まれた時や成長にともない、「ケガが多い子どもの医療費、どうしよう…」 「教育資金をどう準備しよう…」 という心配は、親として必ず通る道と言ってよいでしょう。 ところが先輩パパ・ママに聞いても、ネットで検索しても・・・

このページの先頭へ