「教育資金」タグの記事一覧»マネーの達人

「教育資金」タグの記事一覧

年金制度はもうグラグラ 積立NISAとiDeCoで老後の生活は自分で面倒をみる 

年金制度は もうグラグラ

年金制度はもうグラグラ 2017年から専業主婦や公務員も加入が可能となった私的年金のiDeCoですが、 もう公的年金には頼らず自分でどうにか頑張ってください という政府からのお達しに見えて仕方がないのです。 高齢者の割合・・・

あなたの貯金、いざという時に足りますか? ライフステージに合った貯金の仕方4つ

貯金は目的を明確に

自分のお金の使い方や貯金について、「このままで良いのだろうか…」と、何となく気になりつつも日々の生活に追われて、ついつい後回しにしている方も多いのではないでしょうか。 いざ、というときにあわてなくてすむように貯金をするに・・・

教育資金の準備に悩んだら「ジュニアNISA」がおすすめ 注意点やデメリット、投資信託を選ぶポイントなどを紹介します。

子供がいるならジュニアNISA

教育資金ってどうやってためるの? 「子供の教育資金をどうやってためれば良いのか、何から始めれば良いのか分からない」 という家庭も多いのではないでしょうか。 子供1人あたりの学費は1,000万円以上かかると言われますが、特・・・

思わぬ落とし穴に注意 「教育資金の贈与税の非課税制度」の期限と使い切れなかった資金について

「教育資金の一括贈与の非課税制度」とは 教育費に充てる目的で、多額の資金を孫らに贈与する際に非課税となる制度があります。 この制度を教育資金の一括贈与の非課税制度といいますが、これを使って、非課税で贈与できるのは、201・・・

「教育資金の一括贈与制度の手続きは面倒」が変わりました。少額なら領収書不要、アプリも登場し使いやすくなりました。

子育て世帯の家計相談において、「教育資金の一括贈与制度」についてお伝えすることがあります。 この制度は、平成25年度税制改正において導入された「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置」に基づいて創設されました。 教育資・・・

「学資保険」どう選ぶ? 大切なポイントを3つご紹介

子どもの教育資金の相場は、全て私立なら約2,500万円にもなると言われています。 それほどの大金を一度に用意するのは大変ですよね。 そんなときに役立つのが学資保険です。 学資保険という言葉はよく耳にしますが、具体的にはど・・・

孫や子に教育資金を援助したい 「一括贈与の非課税制度」と「暦年課税制度」どっちがお得?

桜が咲き、入学のシーズンとなりました。 かわいい我が子や孫のために、教育資金を援助してあげたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。 銀行から勧められて「教育資金の一括贈与の非課税制度」を活用し、信託を行った人も少なく・・・

贈与税「高額」「一括」「預貯金」には要注意。課税と非課税のポイントを説明します。

基本的には家族の間でも贈与税がかかる 基本的に、個人から個人へのお金のやり取りは、年間110万円を超える金額になると贈与税が課されます。 しかし、扶養義務のある人が提供する生活費と教育費において 「通常必要とみなされるも・・・

【孫破産の実例】「あと何年生活保護のお世話にならずに生きて行けるかしら」と寂しく笑う知人。

孫にお金をあげ過ぎてジジババ世代が破産? 実際に孫のために教育資金贈与をした知人は、後悔しています。 この制度は、1,500万円まで非課税で教育資金を贈与できる法律ですが、 老後資金にとがっちりため込んだ富裕層のジジババ・・・

ガラパゴス化する「学資保険」にダマされるな! 自分で返戻率を上げるチョイ技3つも伝授

学資保険。それは大切な子どもの教育資金を準備するための保険商品です。 その学資保険が、低金利などのあおりを受けて、ガラパゴス諸島もびっくりなほどに進化(?)していることはご存知でしょうか? 一筋縄には比較できない、学資保・・・

このページの先頭へ