「死亡保険」タグの記事一覧»マネーの達人

「死亡保険」タグの記事一覧

【保険料改定で値下げラッシュ】絶好の見直しタイミング 「収入保障保険」はコスパで選ぼう。

「収入保障」は値下げラッシュ

「収入保障」は値下げラッシュ 2018年4月の保険料改定で、収入保障保険や定期保険など、死亡保険の保険料が大幅に見直しされました。 ありがたいことに、最近の主流である収入保障保険は、多くの会社で値下げが相次いでいます。 ・・・

新社会人の私はどんな保険に入ればいい? 死亡保険・医療保険・個人年金保険は必要なのか詳しく解説

新社会人の私はどんな保険に入ればいいの?

4月に入社した新社会人もそろそろ会社に慣れてくる頃かと思います。 4月下旬から5月には初月給を手にして使い道をどのようにしていくか迷う時期でもあります。 職場に出入りしている生命保険会社の営業社員(募集人)から「社会人に・・・

【2018年春から】10年に一度の料率改定で保険料はどう変わる? 「死亡保険」と「生存保険」

来春の「標準生命表」改定により生命保険の保険料はどうなるのか? 生命保険商品の保険料は、10年ごとに改定される「標準生命表」に基づき決定される。      2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳・・・

「保険加入」はやっぱり1歳でも若いほうがおトク? いえ、例外もあるんです。比較してみました。

答えは正解で不正解 生命保険営業の人から一度は聞いたことのあるセリフ、 「お誕生日までに保険に入っておいたほうがトクですよ」 確かに年齢が1歳上がると保険料が少し上がるので、誕生日前に契約したほうがいいかな、と思い契約さ・・・

保険料0円! 余命6か月以内と宣告されたとき、死亡保険金を生前に受け取れる「リビングニーズ特約」はつけて損なし。

「終活」がブームとなっている現在。タブーとされてきた死と向き合い、自ら人生の終わりを準備する、そんな風潮も、超高齢化社会においては必然とも言えるのかもしれません。 死に備えた生命保険も、人生の終わりに役立てることができる・・・

「終活」にもおすすめな保険、イオンの生命保険

若い人が「しゅうかつ」と聞くと「就活」を思い浮かべるでしょうが、高齢者が「しゅうかつ」と聞くと「終活」を思い浮かべるかもしれません。 人生をハッピーエンドにするため、身辺整理をすることなどが終活の主な内容ですが、そんな終・・・

必要な補償を見極めた、自分を守る「医療保険」を考える

医療保険とはそもそもどういうもの? 生命保険には、大きく分けて3つあります。 (1) 遺族補償としての死亡保険 (2) 入院補償としての医療保険 (3) 老後生活のための年金保険 そのうちの医療保険とは、病気やけがで入院・・・

アフラック参入で「就業不能保険」が続々登場  給与サポート保険と今までの就業不能保険との違いを解説

1. 働けなくなるリスクに対する保険 重い病気やケガなどで働くことができず、長期に渡って収入が途絶えた場合、入院や手術のための医療保険や遺族のための死亡保険ではカバーできない。 国の障害年金の1級や2級に該当した場合や、・・・

生命保険の「そもそも話」 保険哲学を知って正しく入ろう

生命保険の選び方を間違えると、万が一のときに十分な保障が受けられず、自分が家族が困ってしまうことになります。 だから、正しい知識を身に付けて、自分に合った保険に入ることが大切なんです。 でも、生命保険をどのように選べばい・・・

間違っていませんか、その相続対策 ~僕が保険に入らなかった理由~

我家のケース 我が家の場合、先祖から引き継いだ土地がありました。といっても調整区域の農地がほとんどです。調整区域は建築制限があり土地活用や売却が困難な土地です。預金を調べたら納税資金を支払うだけの、ぎりぎりといった状態で・・・

このページの先頭へ