「生命保険」タグの記事一覧»マネーの達人

「生命保険」タグの記事一覧

生命保険を選ぶコツは「どんなことに備えたいか」 自分のライフステージやプランに合わせた保障を

生命保険を選ぶコツ

保険への加入は、 「家の購入に次いで高額な買い物」 と言われていると知っていますか? 平成27年に生命保険文化センターが実施した調査によると、個人年金保険を含む全世帯の平均的な保険料は年間38.5万円にも上ります。 これ・・・

解約返戻率の高さで注目 法人向け全損型の生命保険が活況

生命保険、保険商品、保険証券

全損の生命保険の活用法 法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になるものがある。 特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものであ・・・

名前のよく似た「収入保障保険」と「所得補償保険」の違いを解説します

収入が途絶えた場合に備える「収入保障保険」や「所得補償保険」を耳にすることが多くなりました。 名前がよく似ているため、同じものだと思われる方も多いですが、実は似て非なるもの。 では、どのような違いがあるのでしょうか。 こ・・・

入院保険は60日型で足りるのか? 35歳男性が月2,042円で、7大疾患まで入院日数無制限となる保険。

入院して本当に困るのは長期入院 先日の入院一時金の記事でもお伝えしましたが、入院日数の短期化に伴い、短期入院への備えが重視される傾向にあります。 1回あたりの入院給付日数60日の保障が、当たり前のように提案される昨今。 ・・・

保険会社が破綻したときに契約はどうなるの? 破綻しない会社を見極めるには? 詳しく解説します

保険は、長期にわたる契約です。 しかし、大きな死差損(想定よりも死者数が多くなり、保険金支払いに充てるお金が保険料収入を上回ること)が発生したり、運用に失敗したりといったリスクはありますから、安定した会社経営が長期間続く・・・

生命保険加入、見直しは「物価」と「金利」が重要 インフレとデフレで入るべき保険内容は変わってくる

長年にわたり、国内の大手生保が支えてきた生命保険業界。 1990年までは、高いインフレ率とそれに見合う形で金利が上下する時代でしたが、1991年にバブルが崩壊してからの30年近くは、金利が下がり続けデフレに喘ぐ時代となり・・・

「タトゥー」を入れていると保険に入れないって本当? 生命保険に入りにくくなる意外なケース3つ

タトゥーを入れていると、生命保険には入りにくい 先日生命保険に加入しようとした方が、事前に保険会社の人に質問されたそうです。 「タトゥーは入れていませんか?」と。 実はタトゥーを入れていると、基本的には生命保険に加入しに・・・

「保険料の支払いが苦しい」解約を検討する前に活用したい保険の機能 第2弾:減額・特約解約と転換

前回は払済保険・延長保険という以後の保険料の支払いをまったくなくす方法を説明しました。 今回は、「少しでも負担を減らせれば」とお考えの方に役立つ保険の機能をご紹介します。 前回の記事はこちら→「保険料の支払いが苦しい」解・・・

子育て世帯で「生命保険が夫のみ」はリスクが高い 妻の「万が一」の時に必要な保障や保険を考えてみました。

夫には生命保険などの死亡保障保険をかけているけれど、妻には保険をかけていないというご家庭は多いようです。 しかし小さな子どもがいるご家庭の場合、妻が亡くなると、 ・ シッター代が必要になり支出が増える ・ 残業や出張がで・・・

生命保険会社は、死亡率に余裕を持たせて保険料を高めに設定し、巨額の利益を得ている。

11年ぶりの標準死亡率改定 日本アクチュアリー会が、11年ぶりに標準死亡率を改定したのを機に、生保各社は来春にも保険料に反映させるだろう。 標準死亡率は、死亡保険用と医療保険用に分かれ、来春からそれぞれの率が変わる。 【・・・

このページの先頭へ