「社会保険」タグの記事一覧»マネーの達人

「社会保険」タグの記事一覧

【社会保険加入】第3号被保険者の廃止より、「勤労者皆保険制度」に備える必要がある

国は女性をどうしたいの

安倍総理は2014年3月に開催された、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議において、 「女性の就労拡大を抑制する効果をもたらす税・社会保障制度の見直しや、働き方に中立的な制度について、検討を行ってもらいたい」 とい・・・

【短時間労働者に社会保険適用拡大】入社前に加入の有無を調べる方法 転職先を選ぶときにも、参考にしてください。

セット加入が原則の「社会保険」

2016年10月から、パートやアルバイトなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が、以前よりも拡大されました。 そのため ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・月収が8万8,000円(年収だ・・・

バイト学生も「壁」に要注意! 気をつけるべき4つの壁は「103万円」「130万円」「194万円」「10年の壁」

バイト学生の壁

2016年10月からパートなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が、従来よりも拡大されました。 そのため ・月収が8万8,000円以上 ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・雇用期間の見込・・・

【年収82万円の壁】月給6万8,000円から社会保険加入で出現 減少が予測される「第3号被保険者」は今後どうなる?

パートの社会保険対象者が2021年度より拡大する? 朝日新聞(平成30年12月19日付け)で、厚生労働省では2020年の通常国会に 短時間労働者(パート)へ社会保険の適用拡大について、年金制度を見直す法案の提出を検討して・・・

「106万の壁」を超えて働くのは損なの? 得なの? パート収入を月8万円→月9万円に増やした場合を試算してみました。

この時期になると就業調整を検討する方から「壁を超えて働くべきか否か」とのご相談を受けることが多くなります。 近くの飲食店でパートとして勤務しているAさんもその一人。 現在は月収8万円程で夫の扶養に入っていますが、勤務先か・・・

「9月末までの退職」は社会保険でお得になる? 退職のベストタイミングについて解説いたします。

厚生労働省が2018年8月31日に発表した、7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比で0.01ポイント上昇して、1.63倍だったそうです。 有効求人倍率は「有効求人数÷有効求職者」で算出するため、これが1倍を超えるとい・・・

「82万円の壁」出現か…103万円すら下回る壁は何を意味するのか?

「〇万円の壁」に関しては、税と社会保険の扶養範囲を意味する「103万円の壁」、「130万円の壁」が長らく有名でした(少し知名度が下がるものとしては、住民税所得割非課税に関する「100万円の壁」や配偶者特別控除に関する「1・・・

「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いがありませんか? 時効の2年を過ぎたら「過払い金」は取り戻せません。

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者に適用される、上限金利を定めた法律としては、上限を年15~20%とする「利息制限法」と、上限を年29.2%とする「出資法」がありました。 多くの貸金業者は、出資法の上限を超えなけれ・・・

元シングルマザー直伝「新米シングルマザー」の職探し 正社員になるより、お給料の額より大切なこと

新米シングルマザーが職探しをするとき、おちいりやすいワナがあります。 週40時間のフルタイム勤務にこだわりすぎて、いつまでも勤め先が見つからないこと。 見つかっても途中で挫折してしまうことです。 友人に共働きのキャリアウ・・・

「退職代行サービス」を依頼してすぐに出社をやめると「社会保険」や「退職金」で不利になる可能性 3つの注意点と対処法

退職代行サービス 先日ニュースサイトを見ていたら、退職に関する勤務先の会社とのやり取りを、すべて任せられる「退職代行サービス」が、注目を集めているという記事が掲載されておりました。 このサービスを提供するのは「センシエス・・・

このページの先頭へ