「節税」タグの記事一覧»マネーの達人

「節税」タグの記事一覧

サラリーマンの嘆き「給料が上がると、税金も上がる」 損益通算を活用した節税方法~不動産投資編~

よくある相談 一生懸命、働いて給与がアップしても税金が高くて… 高収入な方ほど、納めている税金は高くなります。 何か節税できるものはないですか? このようなご質問は多くいただきます。 特に独身の方は配偶者控除がないため、・・・

贈与や相続は「何人に、いくら」で税額が変わる。生前贈与の賢い活用と注意点について。

贈与・相続の仕方によって、税額は変化します いくつかのパターンを見てみましょう。 被相続人であるAさんには3億円の財産があり、法定相続人は、 ・ 妻 ・ 長男 ・ 次男 で、それぞれの子に2人ずつ子(Aさんの孫)がいると・・・

所得1000万円超の社長さん、奥さんを役員にして節税しませんか? 節税方法と注意点を解説

妻を役員にして節税対策

今年1月から、合計所得1,000万円以上の納税者は配偶者控除を受けられなくなりました。 この税制改正を悲観的に受け止める人が多いのですが、会社経営をしている社長にとっては節税のチャンスです。 妻を役員にして報酬を抑えれば・・・

解約返戻率の高さで注目 法人向け全損型の生命保険が活況

全損の生命保険の活用法 法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になるものがある。 特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものであ・・・

【節税対策】会社員も年金受給者も必要経費(日常の支出)を計上できる「控除」があります

個人事業主の場合は年間の事業収入から、事業のために必要な支出、いわゆる「必要経費」を差し引いて、事業所得を算出します。 それに対して会社員の場合には、個人事業主のように経費が計上できないため、年間の給与収入から必要経費に・・・

【相続時精算課税制度】節税対策のつもりがデメリットになる3つのリスク

「相続時精算課税制度」 この贈与税の制度が開始して15年、もはやその名称を知らない人はいないほどになりました。 さまざまな節税マニュアルでも活用を呼びかける声が見られます。 しかし現場の税理士で相続時精算課税制度を節税対・・・

フリーランスなら必ずやっておきたい節税対策「小規模企業共済」の特徴と効果について

確定申告シーズンが一区切りしました。 フリーランスの方は、次年度の確定申告に向けて節税対策を練っているかと思います。 ここで悩むのが「何が自分に必要な節税対策なのか」。 特にインターネット環境が充実している今、「節税」で・・・

4歳の孫に贈与するなら、300万円でも37万の節税になる「教育資金贈与非課税制度」 申込期限まであと1年

「教育資金贈与非課税制度」 子どもが大きくなるにつれ、両肩に重くのしかかるのが教育費。 良い高校、良い大学へ進ませてあげたいけれど、親の資金だけではちょっと心配…… そんな時に知っておいてほしい制度が「教育資金贈与非課税・・・

【ふるさと納税】「シミュレーションしたのに、上限額を超えて損してるなんて…」 計算法を具体例で確認

所得税の確定申告期限まであとわずか。 あちこちにふるさと納税した方は、資料整理や計算でお忙しいのではないかと思います。 がんばって計算した結果 「えっ、あんなに払ったのに、還付はこんなに少ないの?」 とショックを受ける人・・・

【不動産投資】確定申告で節税につながる「法人化」の仕組みと、3種類ある資産管理会社の特徴を解説します

皆さんは、確定申告の準備はお済みでしょうか? 毎年この時期が来ると、気が重くなる人も多いはず。 不動産投資家に限らず個人事業主にとっては、毎年恒例のイベントですね。 とはいえ、すでに申告書の作成まで終わってしまった人や、・・・

このページの先頭へ