「老後」タグの記事一覧»マネーの達人

「老後」タグの記事一覧

「介護保険施設」に入所した場合の「トータル費用」について 平均的な利用期間と必要な費用を、実際に計算してみました。

介護保険施設の利用期間

介護保険施設の利用期間(在所期間)について 介護保険で1割~3割の負担で施設に入所できるからといっても、お金がいつまで続くか気になる人は多いと思います。 一度、施設に入ったのはいいけど、90歳、100歳と長生きすると同時・・・

これからの「高齢者社会」を生き抜く3つのコツ 知っておきたい「世代間格差」と「社会保障の限界」

高齢化社会を生き抜く

高齢者社会を生き抜くコツについて考えてみます。 1. 老後観そのものを変える まず、 あなたが漠然と持っている「老後」についてのイメージは捨てて下さい。 それなりの年月を生きていると、いろんなことに対する先入観ができてし・・・

老後に備える「個人年金保険」は、本当にお得? 利回りや他の貯蓄方法、非課税枠などで比較します

個人年金保険のおすすめ度は?

国民年金の給付額減少や支給年齢の上昇など、いま現役のサラリーマン世代は公的年金だけに頼れない「老後のお金事情」が問題となっています。 そこで60歳以降の私的年金として選択されているのが、貯蓄型保険の個人年金保険です。 し・・・

「有料老人ホーム」や「サービス付高齢者向け住宅」への住み替えを考え始めたら… 見学の「5つのチェックポイント」をお伝えします。

厚生労働省が作成する簡易生命表(平成28年)によると 日本人男性の平均寿命は80.98歳、女性は87.14歳。 ところが、自立した生活を送ることができる「健康寿命」となると、男性で約8年、女性では約12年も短くなるようで・・・

これって「認知症」の初期症状? 介護福祉士の筆者が、簡易検査や診断料金、薬の単価について解説します。

認知症は社会問題に… 認知症は以前に比べると身近な病気になったのではないでしょうか? 高齢者の車での事故などは、認知症の疑いがある人もたくさんいらっしゃいます。 これは、私が実際に経験したお話です。 自宅で介護されている・・・

人生100年時代、「お金の寿命」が「自分の寿命」より先に来ないように準備を

世界の中でもかなりの長寿国である日本。 その一方で年々出生数は減少し、少子化も進んでいます。 現在の日本の公的年金制度の下では、支える人が減り、支えられる人が増えている状況です。 これが進行すれば年金財政収支はどんどん不・・・

介護保険施設の費用を安くする「負担限度額認定証」 その申請方法と限度額の段階基準を解説します。

「家で生活することができなくなった…」 「老後が不安で施設に入って安心したい…」 など様々な理由で、在宅生活ではなく施設入所を選ばれる方は多いです。 その際 「有料老人ホームは高いけど、特別養護老人ホームは安いでしょ?」・・・

「民間介護保険」は入った方がいい? 「公的介護保険」との違い、メリットを比較しながら答えを出します。

公的介護保険とは まずは公的介護保険についておさらいします。 日本の社会保障のなかではまだまだ歴史が浅い介護保険制度ですが、高齢社会に対応するために2000年に施行されました。 40歳以上の国民が必ず加入する保険制度で、・・・

「国民年金」と「厚生年金」、自分はいくら受け取れる? 仕組みや受取額を知って、計画的に老後資産を形成しよう

ほとんどの人にとって、老後の生活の糧となる大切なお金である国民年金や厚生年金。 皆さんは、自分がどのくらいの金額を受け取れることができるかご存知でしょうか。 そこで今回は、国民年金と厚生年金の仕組みを整理したうえで、実際・・・

ここまでやれば「老後資金」に不安なし! 「家計診断」で無駄な出費を徹底的にカットし「節約効果額」を比べてみました。

家計におけるライフイベント上の3大資金は、 「教育資金」、「住宅取得費」、「老後資金」 です。 そのうち「老後資金」については、30代や40代にとってまだ遠い先の話のようで具体的な将来像は描けてないものの、老後に不安を感・・・

このページの先頭へ