「自己負担」タグの記事一覧»マネーの達人

「自己負担」タグの記事一覧

介護保険のよくある勘違い3つ 「保険適用で安くなると思っていたのに、自己負担が増えた!」など

介護保険を利用したらなんでも安くなる? 介護保険を使ってサービスを利用すると、保険が効いて1割~3割負担で済みますので、自費であれこれ行うよりも安くなります。 ホームヘルパーやデイサービスも実費になるとかなり高額ですが、・・・

トラブルになる前に知っておこう 病院の「差額ベッド代」の支払いが不要なのはこんな時 

差額ベット代について

病院の個室などに入院した時にかかる差額ベッド代は、通常1日あたり数千円の負担になります。 2~3週間入院すると10万円以上かかることもあり、入院費の支払いの際に金額を聞いてビックリする方もいるのではないでしょうか。 その・・・

医療費の自己負担額を軽減する「高額療養費制度」 利用する際に知っておくべき注意点6つ

高額療養費制度を利用する時の注意点

病院での長期間の入院や高額の治療の際に、医療費の自己負担額を軽減する「高額療養費制度」が活用することができます。 しかし利用の際には注意しなければならない点がいくつかあります。 ポイントをしっかり押さえて上手に制度を活用・・・

介護保険の「世帯分離」 得する人と損する人の分岐点

介護保険「世帯分離」 介護保険を利用している人で世帯分離を行うと、世帯分離を行わずに同居している人に比べて、介護保険の自己負担額を減らすことができます。 「世帯分離」とは、住民票に登録されている1つの世帯を、2つ以上の世・・・

【2018年8月~】70歳以上の医療費自己負担限度額が変わります 今回の改正のポイントは?

みなさんは高額療養費制度についてご存じですか? 高額療養費制度は医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が、1か月で上限額を超えた場合にその超えた金額が払い戻しされる制度です。 重い病気で長・・・

「高額療養費制度」が2017年に続き18年8月も変更 住民税課税者はさらなる負担増

保険適用医療費の過剰な負担を押さえるための高額療養費制度。ありがたい制度ですが、少子高齢化やそれに伴う国民医療費増大により、医療保険財政は苦しくなる一方です。 そのような中で高額療養費制度も改正され、一定所得以上の高齢者・・・

【人生100年時代】在宅介護の「備え」はどこから? 少ない自己負担で使える介護用具と選び方

「母が退院したら自宅で過ごしたいって…でも足が不自由だし一人では生活できないでしょう…?」 あなたやあなたとの配偶者の両親にも、そうした事態がやってくるかもしれません。 平均寿命が延び70代80代でもまだまだ元気な人も多・・・

「介護保険制度」を利用して住環境を整える。要介護度1でトイレと玄関に手すりを付けたら自己負担は2,600円。

住宅改修とは 自宅で介護をしていると、何かと不自由に感じることがあります。 昔ながらの家には段差が多く、歩行の障害になることもあります。 トイレの便座に座って立ち上がるとき、壁に手すりがあれば便利だと感じることもあるでし・・・

ケアマネージャー経験7年 必ず聞かれる質問「ケアマネージャー」ってなに?お金はかかるの??にビシっと答えます。

Q1 ケアマネージャーってなに? 「身体能力が低下し、リハビリに行きたい」 「ヘルパーさんを利用したい」 そんなときに、近所にある事業所に駆け込んでもすぐには利用できません。 まずは「ケアマネージャー」を探さないといけま・・・

介護保険費用が2割負担になる人の条件は? 今後は3割負担へ引き上げも

介護保険サービスの利用料金って、利用料金の何割かご存知ですか? 「1割」か「2割」という、家庭のおいての経済負担には優しい設定になっています。 しかし、当初は1割だったのですが、いつのまにか2割負担になっている人もいます・・・

このページの先頭へ