「認知症」タグの記事一覧»マネーの達人

「認知症」タグの記事一覧

「在宅介護」はもう無理かも… 「施設入所」を判断する3つのポイント

入所を検討するポイントを3つ

人は「在宅で生活すること」が基本となって人生を過ごしています。 特に、介護状態になってしまうと、どのようなタイミングで入所を検討したらよいものか、迷うこともあるかもしれません。 入所を考える時期を超えてもご自宅で介護を頑・・・

意外と多い「贈与と相続の誤解」 食い違うあげる側ともらう側の意識

父親から突然の贈与 同級生曰く、 「同居している俺らに110万円贈与したい、なんて殊勝なことを父親が言うので、びっくりしたのだけれど、どうも父親は〇〇信託銀行の相続税対策セミナーで聞いてきたらしい」 「で、もらったの?」・・・

親が認知症になる前にやっておきたい「お金」のこと3つ 事前の対策なしでは後々面倒になることも

親が認知症になるということ

親が認知症になるということ 親が認知症になることをイメージしたことはありますか? 初期症状では物忘れから始まり、最終的には人格が崩壊するほどまで進行する場合があります。 こうなると、自分のコトを自分で出来なくなるのは勿論・・・

「認知症」でも本人の銀行口座は「凍結」される 凍結を解除する方法と今からやっておくべきこと

5人に1人が認知症 推計では、2025年(平成37年)には、認知症患者数が約700万人前後とされています。 これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算になります。 夫婦の両親が健在の場合、かなりの・・・

将来の備えは早めに 認知症高齢者対応の施設「グループホーム」について知っておこう

親や配偶者の介護が必要になった時、「認知症の症状が進んだようだ。ひとりにしておけないなぁ」と感じる事があると思います。 離れて住んでいる、また、同居していても家族の誰かがいつも一緒にいることはできない場合があります。 グ・・・

認知症の高齢者が入居できる「グループホーム」 その利用料金、ルールとは?

認知症の高齢者が共同生活をする場所がグループホームと呼ばれる施設です。 グループホームに入居している方は全員が程度の違いはありますが、認知症にり患している方です。 そのため、職員も、認知症の方への対応についてのスペシャリ・・・

「成年後見制度」を徹底解説 「できること」と「できないこと」、手続きと意外にかかるコスト

内閣府の平成28年高齢社会白書によれば、認知症罹患者数は、東京五輪の5年後2025年に約700万人で、65歳以上の高齢者の5人に1人の割合と見込まれています。 親が元気なうちであれば、「家族信託」等の利用による対策が可能・・・

判断能力があるうちに財産管理を託す。判断ができなくなったときにサポートしてくれる3つの制度。

要介護となった人の財産口座管理 要介護となってしまった近親者の財産口座は誰が、管理したりするのが良いのか 悩むことがあります。 ある程度自立していて、ちょっとした支援で自己管理できればいいのですが、あらためて考えてみると・・・

内閣府が8年後に65歳以上の5人に1人(約700万人)が認知症と見込む。早期発見や認知症保険など早目の対策が必要です。

少し先のお話ですが… 8年後の2025年、あなたとあなたの親は何歳になっていますか? 内閣府の「高齢社会白書」によると、今から8年後の2025年、65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になると言われています。 これ・・・

あと8年も経たないうちに必ず訪れる「2025年問題」 報道されないリアルな将来とは

2025年問題、報道されないリアルな世界 人口減と超高齢化社会 政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏が警鐘を鳴らす「2025年問題」を、 「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人・・・

このページの先頭へ