「資金」タグの記事一覧»マネーの達人

「資金」タグの記事一覧

「介護破産しそうな人」に共通する2つのポイントと、介護破産をさけるためにやっておくべき3つのこと。

介護破産しそうな人に、共通するポイント

300回近く高齢者施設を見学 私が初めて、高齢者施設の見学をしたのは2002年のこと。 見学先は日本ではなく、介護保険の取材で訪れたアメリカの高齢者施設(4か所)でした。 当時はまだ30代後半でしたが、高齢者施設での暮ら・・・

「節約疲れ」にさよなら! うまく息抜きして、節約を続ける「5つの方法」をご紹介します。

節約疲れ

節約をがんばりすぎていませんか? 「子どもの教育費のため」 「家のローンのため」 「増税に向けて」 などなど、将来のために節約を開始したものの、毎日が楽しく過ごせず疲れている… そんな方はいらっしゃいませんか? 私も無理・・・

銀行融資の「取上げ基準」を知ろう【第3回】 返済財源や返済能力について ~どうやって、なにで返済していくのか? 何年で返済できるのか?

返済計画と返済能力

返済財源について 融資申込みをすると、銀行員から返済財源について聞かれます。 返済財源とは、銀行から融資を受けたあと、返済に充当するカネのことです。 返済に充当する資金のみなもと、という意味で、銀行では返済原資とも呼びま・・・

銀行融資の「取上げ基準」を知ろう【第2回】 資金計画や資金使途について ~どんな計画なのか? なにに必要なのか?

資金計画 ~シナリオ・どんな計画なのか? 融資申込みをすると、銀行員から資金計画の提出を求められます。 資金計画とは「新規事業をはじめる」、「工場を新築する」といった新しい機会への挑戦という前向きな理由だけではありません・・・

銀行融資の「取上げ基準」を知ろう【第1回】 事業の内容 ~申込者の自己紹介から事業内容まで

申込みを受けてから、内容の検討、審査を経て最終的に融資可否を決定し、融資するプロセス。 これを「取上げる」と、こだわって呼んでいます。 断わることは「謝絶する」といいます。 融資審査手法は、銀行によってそれぞれ違います。・・・

「おひとりさま」老後の暮らしは、若い頃と一体何が違うのか? 支出の違いから老後資金を考える。

かつて、「おひとりさま」という言葉がはやりました。 しかし、今ではそう珍しくもありません。 結婚しない独身者に増加する離婚、夫婦だけで暮らす世帯は、ある意味「おひとりさま予備軍」とも言えるでしょう。 今や多くの人にとって・・・

「人生100年時代」のセカンドライフには夫婦で最低3000万必要 50代で「60歳以降の自分のキャリア」について考える

「人生100年時代」 最近、耳にするようになった。 一昔前は60歳以降のことを「老後」と言っていたが、最近は「セカンドライフ」と言われるようになっている。 60歳以降もう1つの人生が待っているのだが、今までの考え方で問題・・・

定年退職後の生活は20年~30年。生活資金は普通預金(金利0.001~0.020%)に預けたままで足りますか?

超高齢化社会の日本 先月、総務省が発表した人口推計によると、国内の90歳以上人口が初めて200万人を突破しました! また、2016年に仕事に就いていた65歳以上の高齢者は、同省の労働力調査で過去最多の770万人に達し、1・・・

新入社員の皆さんへ贈る「資産運用、はじめの一歩」

新入社員の皆さん、この度、晴れて新社会人になられたことを心よりお喜び申し上げます。 ここ数年間は、アベノミクス効果のおかげ? かどうかはさておき、堅調な企業業績と人手不足を背景に就職事情は改善しており、学生さん側にとって・・・

老後の資金不足解消方法として家を活用する「リバースモーゲージ」、「ハウスリースバック」はどうですか。

「家」は生活の要 今年のお正月は暖かく過ごしやすかったですね。帰省された方も、ご自宅で過ごされた方も、ゆっくり出来ましたでしょうか。 ご家族や友人で集うことのできる家は現在も、そして老後も大切な資産であると言えます。 最・・・

このページの先頭へ