「遺贈」タグの記事一覧»マネーの達人

「遺贈」タグの記事一覧

【特別寄与料】公平期すため、長男の嫁も相続の対象に しかし改正後も相続税は2割加算

親身に介護をした長男の嫁

昨年夏の民法の改正により、これまでの相続のあり方が大きく変わりました。 注目されている改正の1つが「長男の嫁も相続財産を受け取れる」というものです。 ただ、ここで気になるのは税金です。 受け取っても長男より相続税を多く払・・・

「事実上の妻」に遺言を書いた山田雄二さん 3,000万円をあげた場合の税金はいくら?  基礎控除以下だと相続税はかからない?

遺言で財産を取得した場合相続税なのか贈与税なのか? 遺言で財産を取得することを「遺贈」と言います。 贈与税なら、3,000万円―110万円(贈与税の基礎控除)=2,890万円 これに贈与税の速算表にて 2,890万円 ×・・・

相続税対策よりも「遺言書」 元気なうちに作っておく大切さ

相続税を「争続税」と呼ぶ人も増えている昨今、家族内の紛争で身も心もボロボロに成っているケースが数多く絶え間ない現状である。 何よりも大切なことは、相続税対策より、身内の相続トラブル対策のため、遺言書を書く(残しておく)こ・・・

遺言書の基礎 遺言書のよくある間違い、不安にQ&Aで回答

今回は「マネーの達人」編集部に寄せられた質問についてQ&Aで回答していきますので、似たような悩みでお困りの方は、ぜひご参考になさってください。 Q. 先日、祖母が亡くなり、遺産を孫にという遺言書がありました。その際贈与税・・・

遺言書を書く時に「相続させる」と「遺贈する」を使い分けていますか?

 遺言書の書き方で、財産を「与える」とか「譲る」と書くことがあります。また、遺言で財産を譲るのだからと、誰に対しても「遺贈する」と書いてあることもあります。一般的には遺言書を書く場合の財産の承継方法としては、「相続させる・・・

このページの先頭へ