「還付申告」タグの記事一覧»マネーの達人

「還付申告」タグの記事一覧

住宅ローン控除「減税しすぎ」問題 「所得税」だけでなく「住民税」でも発覚

「住宅ローン控除減税しすぎ」問題

2018年12月には、国税庁が住宅ローン控除の確定申告において、過大な控除額の申告に対する誤りを4年分で1万件以上放置していたことを公表いたしました。  参考記事:国税庁(特定増改築等)住宅借入金等特別控除等の適用誤りに・・・

「ふるさと納税+配当・株譲渡」の還付申告を4月頃までに済ませないと損するしくみは?

確定申告期間が終了しても、還付申告は5年間可能とは言われています。 株式の配当・譲渡所得(源泉徴収有特定口座)とふるさと納税を組み合わせた申告も、還付申告となるケースが多いです。 ただこの申告は住民税の控除拡大を目的とし・・・

還付があったのに確定申告間に合わなかった! そんな人は「還付申告」をしましょう。注意点も解説します。

還付請求可能期間

今月15日にようやく所得税の確定申告が終了しました。 多くの方はホッと一息ついていると思います。 ただ、中には異動や引っ越しなどといった事情で「還付があったのに確定申告ができなかった人」もいるのではないでしょうか。 そん・・・

【続・年金受給者の確定申告】65歳未満・以上の方の申告注意点、還付申告した方が得するケース

年金受給者は確定申告しなきゃいけないの? 平成最後の2月も中旬すぎましたね。平成最後の確定申告の季節です。 確定申告とは 前年1月から12月までの給与や自営業の事業収入、年金など収入から社会保険料、給与所得控除、青色申告・・・

【リタイア世代】払い過ぎた税金が戻る? 「シミュレーション」で申告が必要か確認だけでも、やってみよう!

確定申告のシーズンがやって来ましたが、所得税の確定申告は一定の条件を満たしていれば、その必要はありません。 その条件とは、一般的に ・給与年収が2,000万円以下の給与所得者 ・公的年金等の年金収入額が400万円以下の年・・・

申告の時期が異なる「確定申告」・「還付申告」・「準確定申告」について解説します。

年末年始に話題の「申告」 年末年始は何かと税金の「申告」に関する話題が多くなります。 でも、一口に税金の「申告」といっても、さまざまなものがあります 今回は、税金の申告に関する ・ 確定申告 ・ 還付申告 ・ 準確定申告・・・

年金の「過少支給」問題に学ぶ 会社員は「勤務先の年末調整ミスで還付申告ができない」ことも

日本年金機構の取り扱う年金支給に関しては平成29年9月に、現役時代公務員であった方の配偶者(第3号被保険者だった方)が受給する年金に関して、振替加算の支給漏れ問題があり大きく報道されました。 平成30年2月13日に、新た・・・

【年金受給者の確定申告】申告義務のある人、義務はないけど申告した方が得な人、注意点もあわせてご紹介

平成29年分の確定申告が始まっている! 平成30年2月16日(金)から平成29年分の確定申告が始まっています。 確定申告とは前年1月から12月までの収入から社会保険料などを引いて所得を計算し、所得に税率をかけて所得税を計・・・

【確定申告】贈与税申告の特例は「期限内」に行わないと無効になるものもあります

還付申告は5年間有効であり、平成29年分確定申告書等作成コーナーにおいても、平成25年~28年分の確定申告書も作成できるようになっています。 ただ期限内申告を行わないと、還付額が減額されるケースもあります。 また贈与税申・・・

税金の還付手続き…面倒で溜まってませんか? 手続きをすることで時給1万になるとしたら、どうですか? お盆の税務署は空いてます!

サラリーマンの中には、還付申告(確定申告)により、税金の還付が受けられることを知っていながら、腰の重たい方がいます。 そのような方こそ、お盆休みに税務署へ出向き、還付申告をしましょう。 還付申告とは? サラリーマンが過去・・・

このページの先頭へ