「配偶者控除」タグの記事一覧»マネーの達人

「配偶者控除」タグの記事一覧

扶養枠内で働く? がっつり働く? 「年収が150万円前後」なら、扶養枠内がオススメです。

扶養内で働く?がっつり働く?

結婚されている奥様であれば一度は、 扶養枠内で働いた方がよいのか、社会保険に加入してフルタイム勤務で働いた方がよいのか。 悩んだ事があるのではないかと思います。 扶養枠内で働くと言っても、よく分からない方も多いのでは? ・・・

【贈与税の配偶者控除】贈与を行う際の留意点を「税額シミュレーション」で解説

贈与税の配偶者控除を利用するべきか?

相続税の節税を考える際の鉄則は、 時間をかけて少しずつ多くの相続人に財産を承継すること です。 事前にできる対策として、贈与税の基礎控除の範囲内で毎年、贈与を行うことで相続財産を減らしていくことが考えられますが、基礎控除・・・

【社会保険加入】第3号被保険者の廃止より、「勤労者皆保険制度」に備える必要がある

国は女性をどうしたいの

安倍総理は2014年3月に開催された、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議において、 「女性の就労拡大を抑制する効果をもたらす税・社会保障制度の見直しや、働き方に中立的な制度について、検討を行ってもらいたい」 とい・・・

【相続税対策】争族にしない3つの準備  早めの相続対策をする2つのメリット

資産運用の相談に来られた60歳代の男性 「何歳くらいから相続対策をすれば良いですか?」 と聞かれました。 早いに超したことはありません。 理由1:早めに相続対策をすることで相続税の準備ができる 理由2:被相続人が病気など・・・

【続・年金受給者の確定申告】65歳未満・以上の方の申告注意点、還付申告した方が得するケース

年金受給者は確定申告しなきゃいけないの? 平成最後の2月も中旬すぎましたね。平成最後の確定申告の季節です。 確定申告とは 前年1月から12月までの給与や自営業の事業収入、年金など収入から社会保険料、給与所得控除、青色申告・・・

「配偶者(特別)控除」年末調整申告済みの場合でも変更になる事例2つ

平成30年分より、年末調整において配偶者控除・配偶者特別控除を受けるには、配偶者控除等申告書が必要になりました。 合計所得金額の見積が複雑であり、配偶者(特別)控除の改正初年度は誤った申告をして気がつかないことも想定され・・・

「配偶者(特別)控除」を年末調整で申告していない方が確定申告する方法

年末調整で配偶者控除を受ける場合に、平成30年分より配偶者控除等申告書を提出することになりましたが、申告者か配偶者のどちらかが確定申告を行うようなケースでは、記入が難しく年末調整での提出を断念したケースも想定されます。 ・・・

年末調整で配偶者(特別)控除の申告をした方はもらった源泉徴収票も要チェック

年末調整で配偶者(特別)控除の申告は、配偶者控除等申告書の記入が必要になったため、煩雑に感じられた方は多いと思います。 配偶者(特別)控除の新制度初年度であり、誤申告・会社側の年末調整ミス・見積と実際の所得が異なることに・・・

「年収105万円から180万円」で「手取り」はどのくらい違ってくるの? 税金や社会保険料の負担について解説します。

12月に入り、1年分の収入が確定しつつあるはずです。 パートなどで働いている方は、扶養の範囲内に収めるために、収入調整されているかもしれません。 そんな収入調整されている方にとって、気になるのは、税金や社会保険料のことで・・・

「年末調整」って何をするの? 受けられない人はいる? 「できること」と「できないこと」をお話しします。

年末調整って何? 会社は、毎月の給与の支払時、扶養人数等で計算された源泉徴収税額表によって所得税と復興特別所得税を給与から差し引いていますが(給与明細に所得税額あり)、差し引いた税額の1年間の合計額は、従業員の年間給与に・・・

このページの先頭へ