「障害年金」タグの記事一覧»マネーの達人

「障害年金」タグの記事一覧

【障害者特例の要件】障害等級3級以上に該当する人が「特別支給の老齢年金」で上乗せの給付を受けられた事例

障害者特例を受けられた人のお話

65歳前に支給される「特別支給の老齢厚生年金」について、前回は「長期加入者の特例」が受けられた人の事例を紹介しました。 【関連記事】:「長期間、厚生年金に加入し続けると、いいことがある」 高卒・中卒で就職後、ずっと会社員・・・

意外と広い「障害年金」の対象範囲と、障害状態になる前にできる「3つの対策」を解説します。

障害年金について

厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会の年金部会は、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の加入要件である「月収8万8,000円(年収なら106万円)以上」を、「月収6万8,000円以上」まで引き下げる議論を開始するよう・・・

生涯収支がマイナスになる「年金保険料」を支払うのはムダ?

年金破綻真説

公的年金制度が破綻(ハタン)することはありえません。 理由は、破綻しないように法整備されているからです。 このように説明しても、長年マスコミ報道などに汚染され続けてきた人はカンタンには納得してくれません。 納得できない理・・・

【事例に学ぶ:年金の誤算】老齢基礎年金を繰り上げて受給したために、障害年金が受けられなかった人

老齢基礎年金(国民年金)は、原則として65歳から支給が開始されます。 しかし、本人の希望により、5年を限度に受給開始を前倒し(繰上げ)したり、先延ばし(繰下げ)したりできます。 受給開始を繰り上げると1か月につき0.5%・・・

「年金」とはそもそも何なのか? 年金は「法律」であり、長生きリスクに備える「保険」です。

年金とは、法律であり保険です。 再度、確認しておきます。 年金は、国営の強制的な貯金制度の払戻金でもなければ、国民全員参加型のファンドからの受取配当金でもありません。 このように言っても、なかなか信じてもらえません。 実・・・

【障害年金】障害者手帳って必要? どんな人がどうやってもらえるの? もらえないこともあるって本当? にお答えします。

「障害年金」をご存じですか 「障害」と呼び名が付いているので、障害者手帳が発行されている人を対象に支給される年金と勘違いしている人が少なくありません。 でも、「障害年金」と「障害者手帳」は全く別の制度です。 障害年金はど・・・

退職を考えた…体調不良の人は在職中に病院へ行かないと後悔する可能性も 障害年金における「初診日」の重要性を解説

退職、脱サラ、その前に… 脱サラ等で退職を考えている人の中には、多少具合の悪いところがあっても「退職してからゆっくりお医者さんに行けばいいや」と思っている人もいるかもしれません。 しかし、病気は「早期発見・早期治療」が基・・・

利用しないともったいない 無料で使える「保険の付帯サービス」を活用しよう

各保険会社間における保険料や商品内容の競争が激化していますが、 付帯サービスも注目 したいポイントです。 付帯サービスは保険の本質とは異なりますが、いざという時に大いに役立つ可能性があります。 無料または低料金で利用でき・・・

「就業不能保険」や「所得補償保険」は本当に必要? 加入前に知っておきたい公的保障制度

「就業不能保険」と「所得補償保険」 私たちの多くは、日々働くことによってお金を得ていますが、もしも何らかの理由で働けなくなった場合、どのようにして生計を立てるべきか考えたことはありますか? 社会にはさまざまなセーフティネ・・・

介護保険のサービスが受けられるのは、どんな状態の時? 介護保険料や申請方法について徹底的に解説

妻の介護に疲れて、報道に疲れて、引退表明した小室哲哉さんにショックを受けた方も多かったのではないのでしょうか? 人生80年の時代となり、身近に介護の大変さを聞くことも多いのではないでしょうか? 「介護する立場にならなけれ・・・

このページの先頭へ