「雑損控除」タグの記事一覧»マネーの達人

「雑損控除」タグの記事一覧

【被災と不動産投資】貸アパートが被災した際は雑損控除で確定申告して良いの?

事業的規模で申告の仕方が変わる

平成30年7月豪雨の後、財産を失った場合に、確定申告で雑損控除や災害減免法に基づく所得税減免が使えることは、私以外の寄稿者を含めて紹介しているところです。 【関連記事】 【確定申告】被災者が活用できる「雑損失の繰越控除」・・・

「知らなかった」「忘れていた」で戻ってくる税金をムダにしていませんか? 会社員にお得な2つの所得控除について。

知らないと損をしている

お得な税制度について気づいている? 会社員の場合、会社が源泉徴収してくれるので、税金について無関心になりがちです。 忘れずに手続きするだけで、税負担が軽くなることもあります。 ここでは、2つの所得控除をご紹介します。 ・・・・

【確定申告】被災者が活用できる「雑損失の繰越控除」 意外と知らない3年間繰り越せるしくみ

被災者が活用できる「雑損失の繰越控除」

平成30年7月の西日本豪雨により広範囲で甚大な被害が出ており、インフラの復旧に1か月以上かかるケースも出ております。 遅ればせながら、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。 さて住宅などの資産を失った被災者の方が・・・

【節税対策】会社員も年金受給者も必要経費(日常の支出)を計上できる「控除」があります

個人事業主の場合は年間の事業収入から、事業のために必要な支出、いわゆる「必要経費」を差し引いて、事業所得を算出します。 それに対して会社員の場合には、個人事業主のように経費が計上できないため、年間の給与収入から必要経費に・・・

知っておきたい「災害」等で税金の負担が軽くなる仕組み2つ

2017年も多くの自然災害等がTVや新聞を騒がせました。 衝撃的な映像が脳裏に浮かんでくる方もいらっしゃったことでしょう。 被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。 今回はそんな災害等に見舞われた際に税金の負担が・・・

年末までに揃えたい「確定申告」の書類 必要な書類と意外に知らない節税法とは

年間を通して取っておきたい書類を把握していますか? 確定申告というと1月から2月にかけてのテーマと考える方も多いでしょうが、そもそも確定申告は1月から12月までの期間について申告を行うものなので、年を越してから書類をそろ・・・

空き巣などの盗難損失が発生したときは確定申告をすれば税金を減額できるのか?

Q:「自宅で空き巣に入られて、現金や宝石などが盗難にあいました。この場合、確定申告をすれば税金を減額できるのでしょうか?」 解説 災害や盗難によって、資産の損害を受けた場合には、一定の金額の所得控除を受ける事が出来ます。・・・

確定申告をすると損してしまう人とは 副業をしている人必見

医療費控除や寄付金控除などは、確定申告をすることによって還付を受けることができる制度としてよく知られています。 ただし、確定申告をすれば絶対得をするという訳ではありません。逆に確定申告をして損をする人もいます。 今回は一・・・

節税が気になる年金受給者に「確定申告不要制度」は不要です

年金受給者のうち「公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下」で、かつ「公的年金等に係る雑所得以外の他の所得金額が20万円以下」の方については、確定申告をする必要はありません。 これは一般的に「確定申告不要制度」と呼ば・・・

このページの先頭へ