「高額医療費制度」タグの記事一覧»マネーの達人

「高額医療費制度」タグの記事一覧

8月から「高額医療費」の負担が増加 加入する医療保険の保障内容が、改正に対応できるのかを調べてみよう

医療保険には必要最低限だけ加入すれば良い

新聞やテレビなどを見ていると、医療保険への加入を促す生命保険会社の広告を、毎日のように見かけます。 ただFP(ファイナンシャル・プランナー)などが書いた、生命保険に関する本の中には、医療保険には必要最低限だけ加入すれば良・・・

妊娠してから医療保険に加入しても、妊娠に関わる医療費はカバーされない。結婚したら早目に医療保険を見直しましょう。

結婚を決めたら考えること 結婚を決めたら、その瞬間から膨大な量の考えること、決めることが降ってきますね。 ・ 新居 ・ 仕事 ・ お金の管理 ・ 結婚式 などなど… でも女性はまず早急に、「保険」を見直すことを強くお勧め・・・

医療費を上手に節約する6つの方法 紹介状や時間外受診、はしご受診や各種制度など

家計の中で意外と大きなウェイトを占めるのが「医療費」です。 しかし、医療機関の利用方法や国の制度を知ることで、かなり医療費を節約することができます。 今回はその方法について詳しく解説します。 医療費のむだづかいを防ぐ 医・・・

いますぐ会社に確認しよう! 「高額療養費付加給付」が受け取れる人なら、医療保険料を節約できます。

入院や通院によって、医療費がどれだけ高額になろうとも、高額療養費制度で一般的な収入の人なら月9万~12万程度となります。 それだけでも十分助かるのに、サラリーマンは加入している健康保険組合によって、さらに上乗せで付加給付・・・

「スイッチOTC薬控除」 利用のポイントと控除額の計算方法

従来は医師の処方でしか入手できなかった薬の一部が、最近では薬剤師のいる薬局・ドラッグストアで買えるようになりました。 実は2017年から、そんな薬にかかる費用が、税金の計算において控除できるようになります。そこで、この「・・・

抗がん剤治療にはいくら必要か? 一例から算出

現在、がんは4人に1人が発症すると言われています。 もし、がんになった時、いくらくらいの費用がかかるのでしょうか? 手術を必要とせず、抗がん剤治療を行う場合について、1例をご紹介しましょう。 例)20代、悪性リンパ腫にて・・・

私が実体験を元に「がん保険」をおすすめする4つの理由

平成27年人口動態統計(厚労省)によると、死因の第一位は悪性新生物です。 死亡者数は、第二位心疾患の2倍弱となっています。 国民の2人に1人は「がん」になり、3人に1人は「がん」で亡くなる昨今、保険代理店ではないFPの立・・・

私が30代に医療保険をおすすめしない理由

みなさんは医療保険に入っていますか? 保険は人生で2番目に大きな買い物と言われています(1番が住宅)。日本は保険大国と言われ、医療保険の世帯加入率は7割を超えると言われています。 そもそもこの医療保険、営業マンに勧められ・・・

確定申告で、会社員が税金の還付を受ける5つのポイント

確定申告の時期が近づいてきました。先日、確定申告の相談会に参加しましたが、その中で所得税の還付についての質問が多かったです。今回は会社員が還付申告を受けられるポイントについてお話ししたいと思います。 1. 年の途中で会社・・・

会社員でも確定申告すると得する3つのケース

 自治体の広報誌や税務署のお知らせに確定申告の文字が躍る季節となりました。  会社勤めで給与収入だけの人の大多数にとっては、所得税も住民税も源泉徴収されるし年末調整で控除等も再計算され過不足も精算済みとなりますね。そのた・・・

このページの先頭へ