「高額療養費制度」タグの記事一覧»マネーの達人

「高額療養費制度」タグの記事一覧

「医療保険・生命保険」見直しの判断基準 高額療養費制度の利用、差額ベッド代について独立系FPがアドバイスします

FPからみた保険の見直し

FPには大きく分けて企業系と独立系の2つがあります。 まず企業系は保険会社や銀行などで働いている有資格者の社員等、独立系はそれらの会社に属さない個人や団体を指します。 さらに独立系には、保険会社や証券会社などと販売仲介契・・・

医療費の自己負担額を軽減する「高額療養費制度」 利用する際に知っておくべき注意点6つ

高額療養費制度を利用する時の注意点

病院での長期間の入院や高額の治療の際に、医療費の自己負担額を軽減する「高額療養費制度」が活用することができます。 しかし利用の際には注意しなければならない点がいくつかあります。 ポイントをしっかり押さえて上手に制度を活用・・・

【2018年8月~】70歳以上の医療費自己負担限度額が変わります 今回の改正のポイントは?

70歳以上の医療費自己負担限度額が変更

みなさんは高額療養費制度についてご存じですか? 高額療養費制度は医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が、1か月で上限額を超えた場合にその超えた金額が払い戻しされる制度です。 重い病気で長・・・

「高額療養費制度」が2017年に続き18年8月も変更 住民税課税者はさらなる負担増

保険適用医療費の過剰な負担を押さえるための高額療養費制度。ありがたい制度ですが、少子高齢化やそれに伴う国民医療費増大により、医療保険財政は苦しくなる一方です。 そのような中で高額療養費制度も改正され、一定所得以上の高齢者・・・

介護費の負担を減らすことができる3つの制度「高額介護サービス費支給制度」「高額療養費制度」「高額医療・高額介護合算療養費制度」

介護には思った以上にお金がかかります 介護保険は自己負担額を1~3割と定めています。 しかし、必要なサービスを使おうとすると、費用もかさんでしまうでしょう。 そこで今回は、介護費用が高額になった時に自己負担を減らす方法を・・・

「就業不能保険」や「所得補償保険」は本当に必要? 加入前に知っておきたい公的保障制度

「就業不能保険」と「所得補償保険」 私たちの多くは、日々働くことによってお金を得ていますが、もしも何らかの理由で働けなくなった場合、どのようにして生計を立てるべきか考えたことはありますか? 社会にはさまざまなセーフティネ・・・

介護保険改正で3割負担も。介護期間の平均は約5年… 負担費用を抑える「お金の制度」を徹底解説

平成29年介護保険改正 どこが改正された? 介護保険の手続きについては以前の記事でお話したのですが、在宅介護でどのくらいお金がかかるのか、万が一に備えて確認してみましょう。 介護保険制度が施行された平成12年度と平成28・・・

医療保険に入る前に知りたい「高額療養費制度や傷病手当金」 自己負担の限度額や支給される条件を詳しく解説

「高額療養費制度」で一定金額以上の自己負担はありません。 我が国は、国民皆保険制度を通じて世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準で、安全・安心な暮らしを保障しようとしています。 「高額療養費制度」は、家計に対する医療費の・・・

「持病があっても入れる保険」には入らなくても良い

持病があっても入れる保険 オリックス生命「新キュアサポート」やメットライフ生命「フレキシィゴールドS」に代表される、持病があっても入れる保険。 「引受基準緩和型保険」と呼ぶのが正式なのでしょうか。 「持病があっても入れる・・・

年金制度よりも「医療制度」の方が深刻 医師の半数が「国民皆保険」を維持できないとの考えを持っている現状とは

現状の皆保険制度に基づく医療は今後も持続可能なのか すべての国民が等しく医療を受けることができる国民皆保険制度について、医師の半数が維持できないと考えているそうです。 医師向け情報サイトであるメドピアと日本経済新聞が全国・・・

このページの先頭へ