「GPIF」タグの記事一覧»マネーの達人

「GPIF」タグの記事一覧

株価の波乱要因、GPIF 多額の積立金がある理由と不健全な日本の株式市場

GPIFというコトバを聞いたことはありますか? 年金積立金管理運用独立行政法人のことです。 日本語表記から判断すると、「私達の大切な年金を運用してくれているんだな」というイメージを持つかもしれません。が、よく考えると不思・・・

投資初心者こそ参考にしたい、年金運用集団「GPIF」のポートフォリオとは

投資初心者こそ参考にしたいポートフォリオ

つみたてNISAやiDeCoの登場で、投資に興味を持った人も多いでしょう。 そんな投資初心者が、最初にぶつかる壁があります。 それが 「アセットアロケーションとポートフォリオ、どうしよう」 の壁。 この壁にぶつかったとき・・・

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は市場運用開始後15年で約53兆の運用益を出している 単年で評価するのは間違い

GPIF公的年金運用結果 先日、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、2016年度の運用状況を発表しました。   GPIFのホームページでは、各種の資料が掲載されていますが、報道されるのは単年での運用成果だけの事・・・

ホームカントリーバイアス(2) GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用の変遷

明けましておめでとうございます! 国際フィナンシャルコンサルタントの荒川 雄一です。 さて、前回に引き続き、今回はホームカントリーバイアスの最たる運用機関である私たちの年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法・・・

セカンドライフへの心構え 老後にかかるお金とその準備

老後にかかるお金 ひと昔前までは、定年退職を迎えると悠々自適のセカンドライフが送られるという時代だったのかも分かりません。 しかし、公的な年金は現役世代の負担は増加し、支給されるときには減額となる様に調整が進んできていま・・・

100年安心どころか30年後に年金積立金が枯渇する!? それでも公的年金制度は破綻しないと考えよう

 国民全体にとって不信感・不安感の高い公的年金制度であるが、筆者は以下の様に考えている。 現行制度の維持は難しいが、公的年金制度自体は破綻しない  公的年金制度を維持するため、将来年金受給額が大きく減らされ、現役層が納め・・・

「平均余命 vs. お金の寿命」老後生活資金の運用は年率3%で十分!?

2014年の投資環境を振り返る  2014年も残りあとわずかとなった。個人投資家の皆さんにとって、今年は様々な波乱要因があった1年だったのではないだろうか。シリア問題に端を発した中東での紛争、さらにはウクライナにロシアが・・・

「日経平均2万円」の可能性は十分 ”資産運用”開始はまだ間に合う

市場に大きな影響力を持つGPIF  私たちが支払っている国民年金、厚生年金の保険料はそのまま金庫にしまわれているわけではなく、年金積立金として「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)という組織が運用しています。  ・・・

日銀による大量買入で、今注目されている“ETF”は買いか?

 金融緩和政策の一環として、日銀は、来年以降、ETFの買入額を年間3兆円に拡大する方針を打ちだしています。ETFとは「上場投資信託」のことで、英語名は「Exchange Trade Fund」の略称です。日本での認知度は・・・

資産をふやす好機到来か 「株は苦手…」それならETFがオススメ

 消費税率10%への引き上げについて、予定通り「2015年10月実施が望ましい」との考えを政府が示しています。年末までに“株価上昇”となれば、政府にとって好都合でしょう。再増税の実施判断を下す材料になりますからね。 株価・・・

このページの先頭へ