海外旅行時の外貨両替…両替より海外キャッシングがお得!»マネーの達人

海外旅行時の外貨両替…両替より海外キャッシングがお得!

  ゴールデンウィークに海外旅行をお考えの方は円安が加速し、為替相場が気になるところですが…そこで今回は「外貨両替あれこれ…海外キャッシング」と題して外貨両替について少しお話したいと思います。

  キャッシングと聞くと金利が18%(属性によりそれ以下の金利の方もおりますが…)と一般的に高金利の印象がありますが、実は!「海外キャッシング」に限ってはそうとも言えないのです。

意外と高い銀行などの両替手数料


  海外旅行、海外留学と言えば、当然に外貨両替をするわけですが、この外貨両替ですが、いろいろな方法があるのは皆さんご存知だと思います。念のため、下記に主な両替方法を列挙してみますね。
【主な両替方法】
1. 銀行での両替         手数料を金利換算すると…3%前後
2. 両替ショップでの両替    2%前後
3. FX                1%以下(予約が必要?)
4. デビッドカード         2.6%程度
5. キャッシング          1.5%前後以下になる?
(米ドルでの試算、ユーロなどでは差がさらに拡大すると思います。)
  こんな感じでしょうか…王道は銀行での両替?それとも両替ショップ?でしょうか…しかし、この時の両替手数料を金利換算すると年18%どころではないことはお気づきでしょうか?

  ここでひとつ確認しておきますが、キャッシングの金利18%は年換算です。通常はキャッシング後、決済(口座引き落とし)までの期間は1ヶ月程度ですから、月換算ですと18%÷12ヶ月で1.5%ということになります。

  さらに海外キャッシングではチェンジ手数料(銀行の両替手数料に匹敵)は無料ですので、両替にかかる費用は実質的に金利の1.5%前後で済むということです。(国によってはATM取扱い手数料がかかりますが…)

  もちろん、FX口座を活用することでキャッシング以上に節約はできる場合がありますが、予約必要、または限定された空港受取など若干手数と制限があります。

さらにお得な応用技


  さらにキャッシングでは帰国後、カード会社に連絡して繰り上げ返済をすることでさらに手数料の節約ができます…これは私がユーロで実践しました…10日間での金利換算は0.4%前後でした。もちろん、返済は振込ですので振込手数料がかからないネットバンクなどを利用しなければいけません。

  また、海外でのクレジットカードの買い物では一般的に1.63%程度のチェンジ手数料がかかっていることも覚えておくとよいでしょう。そして、海外留学などでは毎月の仕送りには両替手数料の他、送金手数料もかかりますので、海外キャッシングとデビッドカードを上手に活用することで大幅なコストダウンが図れると思います。

  最後にこれらのコストは一般的なものでカード会社、その他両替業者で若干の違いがある場合がありますので、実際に活用する場合は自己責任でお調べすることをお勧めします。

この記事を書いた人

小林 裕市 小林 裕市»筆者の記事一覧 http://www.act-fpo.net

株式会社 アクトFPオフィス 代表取締役
CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士
明治大学卒、地方銀行入行、勤続18年4か月(本部企画部門などの勤務のほか、本店営業部、東京支店にて支店経営を経験)、その後、大手生命保険会社に転職、勤続5年1か月(コンサルティング営業を経験)2004年に独立系ファイナンシャル・プランニング事務所「アクトFPオフィス」を設立、金融現場の未経験者が多い独立系FP事務所のなかで数少ない実務派FP、現在ではスタッフ2名とともに年間100件以上の相談に応じている。さらに2000年4月からは事例勉強会「FP研究会」を専門家集団にするために発案し事務局として参画、これまで10年以上に渡り、FP・弁護士・税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士・土地家屋調査士などの専門家と定例勉強会などを通じ、財産に係る様々な問題解決に取り組んでいる。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ