「保険」の記事一覧»マネーの達人

「保険」の記事一覧

子供3人、共働きの我が家が「必要以上の生命保険に入ってしまわないように」気をつけたこと。

わが家には3人の子供がいますが、3人目が産まれるまで夫婦共に生命保険をかけていませんでした。 共働きだからというのもありますが 「掛け捨てで支払うのがもったいない」 と、感じていたんですね。とは言っても、子供が増えるにつ・・・

告知義務違反をすると保険金をもらえないって本当? 落とし穴「不告知教唆」にも注意

告知義務とは 生命保険に加入するためには「告知義務」を守る必要があります。 聞かれたことに対して、偽ることなく正しく申告すること をいい、健康状態や病歴を確認するための重要な事項になります。 告知は、聞かれたことを正しく・・・

介護期間や費用はどのくらい? 生活のため金融資産を取り崩す人も

日本は長寿国で、2015年の平均寿命は、男性80.79歳 女性87.05歳となりました。 セカンドライフを考える時に 「自分が要介護状態になるかもしれない」 という事は、必ず視野に入れておかなければなりません。 老後生活・・・

生命保険料は今春から一斉に上がるのか?

平成28年2月に日本銀行がマイナス金利政策を施行しました。これによって多くの生命保険会社では、いわゆる「逆ザヤ」を解消するため、貯蓄性保険の販売停止などの措置を実行しました。 この影響はさらに加速し、「本年の春頃から保険・・・

外貨建て保険は「国際分散投資」なのか? 外貨建て保険の本質

外貨建て保険 米国でトランプ氏が大統領になったからというわけではないのだろうが、最近、外貨建て保険についてテキストを作ってほしい、セミナーをしてほしいという要望を受ける。 外貨建て保険の話をする場合、 (1) 標準利率が・・・

月額700円で!格安スマホや格安SIMまであらゆるデジタル機器の故障を補償してくれる「モバイル保険」が登場

最近、モバイル機器の持ち方が多様化しています。 かつては、ドコモやソフトバンクなどの大手通信事業者が寡占状態でしたが、現在では格安スマホや格安SIMなどが登場してきています。 インターネットにつながるモバイル機器も、パソ・・・

火災保険の補償内容はカスタマイズできます 自分の住んでいる地域の「住環境リスク」を知ろう

言われるがままに加入していませんか? 現在の超低金利情勢を利用して夢のマイホームを実現する方が増えています。 マイホームを購入する場合、財産の補償として当然火災保険を加入しなければなりませんが、火災保険について金融機関や・・・

生命保険を使った「保険料生前贈与プラン」の効果と注意点

生命保険を使った保険料生前贈与プランの効果 生命保険を使った保険料生前贈与プランとは、 子どもや孫に現金を贈与し、それを保険料として保険に加入する方法 である。 年間110万円までは非課税で贈与が可能なため、相続対策とし・・・

あなたが火災の火元だったら、あなたの保険で対応できますか? 火災保険と賠償責任保険の重要性

昨年の糸魚川の大火ではたくさんの住宅が類焼・延焼によりたくさんの方が被害を受けました。天災以外でこれだけの被害になるとは誰もが驚かれたことでしょう。 もし 「あなたが火元だったら」 「あなたの建物が類焼してしまったら」 ・・・

条件によっては出ないこともある三大疾病保障の一時金

三大疾病とはどんな病気を言うのでしょうか? 三大疾病とは、 一般的にがん(悪性新生物) 急性心筋梗塞 脳卒中 を言います。 これらは日本人の死亡原因の約4割を占めるものです(厚生労働省平成27年人口動態統計)。 治療期間・・・

このページの先頭へ