「シニア」の記事一覧»マネーの達人

「シニア」の記事一覧

65歳以上の5人に1人が認知症に 長寿化が進む中での「認知症リスク」をどう考えればいいのか。

昨年以降、生保会社や損保会社から続々と「認知症リスク」に関連した保険商品や特約等が続々と発売されており、異例の大ヒットを遂げているようです。 これは、長寿化が進む中で自分や家族が認知症になった場合の費用負担などに対する漠・・・

利用する前に知っておかないと損をする、在宅介護に必須の「福祉用具」について。 

在宅介護で必要になる「福祉用具」 要介護、要支援の認定を受けたとしても住み慣れた自宅で、穏やかに自分のペースで過ごしたいものです。 在宅での生活を支えるためのひとつとして、福祉用具を利用するという方法が考えられます。  ・・・

「遺言」を書くタイミングっていつ? ~40代の私が遺言を書いてみて思ったこと~

はじめに エンディングノートや生前供養など、一時の終活ブームは過ぎ去り、今では皆さんそれぞれが自分自身にあった最期は? と考え、情報収集をされている方もいます。 皆さんはご自身の遺言を書いたことはありますか? 中々、遺言・・・

喫煙者天国の日本は「前世紀並み」に時代遅れ お勧めしたい老後準備のための「禁煙」

受動喫煙対策が遅れている日本 筆者は非喫煙者である。 学生時代の一時期にタバコを吸っていたことはあるが、今ではすっかり「嫌煙家」になっていて街中でタバコの煙や臭いを感じると非常に不快になってしまう。 喫煙者を悪者扱いして・・・

「相続税対策」で不動産を購入しても後でもめてしまうケースもあります 不動産を活用した「相続税対策」の効果と注意点

相続税は下がっても、後でもめてしまっては元も子もない 相続税を少なくしようと思って不動産投資。 しかしそれが相続でもめる原因になるかもしれません。 相続税対策を考える際に重要なのは「相続税評価額を下げる事」です。 そして・・・

【介護保険サービス】制度を知って賢く使える術を教えます。

介護保険サービス 「介護保険サービス」とは、認定を受けた人が利用できるサービスです。 (要支援1~要介護5 一部総合事業対象者の方々が利用することが可能です。) 認定を受けずに、全額自己負担で利用することができるサービス・・・

76歳の父親が肝臓がんで余命半年 現実に起きたドラマのような展開に、娘の私が考えたこと、やったこと。

日本人の死亡原因第一位は癌、といっても 「自分には関係ない」 おそらく多くの人がそう思っているでしょう。 しかし、もし現実問題として直面したら。ましてやそれが高齢の親だったら。家族は、どのように親を支えつつ、自分の暮らし・・・

平成29年8月から変わる社会保障制度に気をつけよう 医療・介護・年金の3大分野とも変わるものがあります。

喧々諤々の国会も比較的静か(政局で見るとそうでもなさそうですが)なのが8月で、ここ2年内閣改造の時期になっていますが、この8月から施行される社会保障制度もあります。 医療・介護・年金の3大分野とも変わるものがあります。 ・・・

「死亡保険金」も「未支給年金」も遺産分割対象の相続財産にはなりませんが、税の扱いが違うことがあります

年金受給者の方が亡くなった際の手続きの一環として、未支給年金の受け取り手続きがあります。 ただ、これは遺産分割対象の相続財産にはなりません。 生命保険の死亡保険金も原則的には遺産分割対象の相続財産にならないという共通点が・・・

もし障害を負ってしまったら、生活はどうなるの? 受けられるサービスや利用者負担について

誰でも生涯、健康ですごしたいと願っています。しかし、万が一障害を負ってしまったら、日々の生活はどうなってしまうのか不安になりませんか? そんな時に利用できる障害福祉についてのお話しです。 対象者となるのは? 身体障害者、・・・

このページの先頭へ