海外旅行に行くなら借金せよ 海外キャッシングのメリット等»マネーの達人

海外旅行に行くなら借金せよ 海外キャッシングのメリット等

 年始の新聞やチラシで目を惹く海外旅行の広告。旅行が好きな方は行くチャンスがないかと考え、予約に至ることも多いでしょう。

 海外旅行の準備の一つに外貨両替があります。多めに両替すると帰国後に現地の通貨を持て余すことになり、少ないとカード利用不可のちょっとした買い物ができない不便で不安な状況が予想されます。結局一日当たりの予算を少しずつ多めに考えてあまるように準備する方がほとんどでしょう。

そんな時は借金しよう 海外キャッシングのメリット


 そんな時は多めに準備せずに借金、つまりクレジットカードの海外キャッシングを利用しましょう。

 海外キャッシングのメリットの一つは少額で利用できるので足りない金額だけ借りられること。現金の両替はほとんどの国で1万円単位なのに対し、現地での海外キャッシングは現地の通貨で少額から引き出せるので無駄になりません。

 もう一つのメリットは現金の両替は有人両替所がほとんどなため利用時間に制限があるのに対し、海外キャッシングは空港や銀行、街角、ショッピングセンター内などに設置されているATMでできるので暗証番号とクレジットカードがあれば24時間、現地の通貨を受け取れる国もあります。両替時に騙されたりといったトラブルも回避できます。


海外キャッシングの方法


 方法は簡単。キャッシングが可能なATMには「Master」、「VISA」、「JCB」などのクレジットカード会社のマークがついています。「Cirrus(シーラス)」とついている場合はマスターカードとJCBカード、「Plus(プラス)」とついている場合はビザカードの利用ができます。国によってはATMが建物の中やボックスの中にあり施錠されています。入口にあるカードリーダーにクレジットカードを通すと入れます。

 ATMにクレジットカードを挿入したら次の手順で進みましょう。
(1) 言語を選ぶ画面で「ENGLISH(英語)」を押す

(2) 暗証番号を入力して「ENTER」を押す
 ※国によっては4桁以上の暗証番号を求めるATMがありますが4桁と「ENTER」のみで大丈夫。ベトナムで6桁求めるATMに遭遇したら4桁と0を2回と「ENTER」を押してください。

(3) サービスを選ぶ画面で「CASH WITHDRAWAL(現金引き出し)」を押す

(4) 引出し口座の選択画面で「CREDIT CARD(クレジットカード)」を押す

(5) 引出したい金額の選択画面で希望額を押す。
 ※$や€の場合「20」,「60」,「80」,「100」,「200」,「OTHER AMOUNT(その他)」といった表示が出ます。

(6) 確認画面で金額が正しければ「PRESS IF CORRECT(正しければ押してください)」を押す

(7) 現地の通貨と明細書が出てきて終了
 不安な方はビザカードのサイトのATMシミュレーター(※)で操作の体験をしてみてください。


利息を減らす返済方法


 返済は特にリボルビング払いなどを希望していなければ翌月に一括返済の会社がほとんど。カード利用額と一緒に請求され銀行から引落されて返済完了です。請求される内容は元本と利息、ATM手数料です。

 利息は法定金利の年率18%を採用している会社がほとんどです。

 実際の利息はキャッシングをした翌日から引落し日までの日割り計算ですが利息を減らす方法があります。早く返済して借入日数を減らすことです。旅行を終えて帰国したらまずクレジットカードに記載されている電話番号に電話をして返済希望の旨を伝えましょう。電話をした日までを借入日数として利息計算をし、日本円での元本との返済合算額と振込先を教えてくれるので振込んだら返済完了です。

(例)1月20日に5,000円分キャッシングした場合

【引落し日に返済】
クレジットカードの引落し日が翌月27日の場合 → 借入日数38日
18%×38日÷365日=約1.87%
利息は5,000円×1.87%=約93円

【2日後に返済】
1月22日に返済連絡して振り込んだ場合 → 借入日数2日
18%×2日÷365日=約0.1%
利息は5,000円×0.1%=5円
 ATM利用手数料はどの会社でも同じです。1万円以下の利用で105円、1万円超の利用で210円かかります。なるべくまとめて利用しましょう。


事前のチェック


 国によって利用しやすいクレジットカードが異なります。ビザカードは世界中ほとんどの国で普及していますがJCBカードはアジアをはじめ日本人旅行者が多い国を中心に、マスターカードはヨーロッパやアフリカを中心に普及しています。事前にガイドブックなどで確認しましょう。

 また、クレジットカードを作った時にキャッシング不可を選択していなければ、ほぼキャッシング可能なカードが手元に届いているはずです。キャッシング可能なカードなら特に旅行前に手続きの必要はありません。

 短期間の旅行ならば現金両替は利用せずに全て海外キャッシングを利用するのも手間暇かからずお勧めです。借金の悪い印象にとらわれずに「借りる権利」を上手に利用して所持金の不安なく最後まで楽しい海外旅行をしてください。(執筆者:国分 さやか)

【外部参照】
ATMシミュレーター(VISA)

海外キャッシングはこれ!海外でも抜群の知名度とネットワーク。三井住友VISAカードを申し込む⇒公式HP

この記事を書いた人

国分 さやか 国分 さやか»筆者の記事一覧 http://www.fonwaca.com/

お金の教室 おさいふほんわか心もほんわか 代表
創価大学教育学部を卒業後、旧日本興業銀行の保険代理店や政府系金融機関に従事。その中で、一般の生活者が金融知識の不足から損をしている場面、しかも損をしていることにすら気付かない場面があまりに多い現実に問題意識を抱く。これを解消することを決意し、金融教育に携わる仕事を希望して自らもFPの資格を取得。2013年8月に第4回日本一のマネー講師決定戦E1グランプリにてグランプリ授賞。現在、個人相談業務と並行して金融の基礎知識を学ぶためのFP3級教室、企業内FP研修、高校への出張授業などで活動中。金融資産が増えるのみならず、幸福度数も増えることを大切にしています。
<保有資格>:CFP、小学校教諭第一種、幼稚園教諭第一種
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ