年賀状印刷をオトクにする裏技 ~インクは買っちゃダメ~»マネーの達人

年賀状印刷をオトクにする裏技 ~インクは買っちゃダメ~

 もう師走は目の前。そろそろ年賀状作りに着手しないと…な~んて不安になる頃です。

 でも、年賀状を印刷するとなれば、大量のインクを消費することになります。そこで印刷に先立ってインクを買っておこう… という決断に「ちょっと待った!!」です。実は、正規品のインクを安く手に入れる方法があるんです。

 その方法が…「プリンターを買ってしまう」ことなんです。

 コストパフォーマンスの高いプリンターにcannonのPIXUS iP2700という商品があります。エントリーモデルですが、印刷スピードや印刷品質は家庭用として特に問題のないレベルです。

 この商品の正規品インクをAmazonで購入するとブラック⇒¥2,187三色カラー⇒¥2,366と合計で¥4,553になります。ところが、このプリンターの本体は¥3,880なんです。もちろん、本体には正規品のインクが付属されています。

 つまり、インクを買うより本体を買い替えた方が安いんです!!

 もちろん、詰め替えインクのように安い商品を使っている方もいることでしょう。ただし、詰め替えインクを使い続けていても、いつかインクケースに限界がやってきます。そんな時こそ、正規品のインクを買い替えるのではなく、思い切ってプリンター本体を買い替えてしまう!! という方法はいかがでしょうか?

 大量の印刷が必要となるこれからの季節、印刷費用も賢く抑えていきたいものです。(執筆者:小山 信康)

この記事を書いた人

小山 信康 小山 信康»筆者の記事一覧 http://flyfe.net/

1999年中央大学商学部経営学科卒。
IR専門印刷会社にて上場企業の情報開示書類制作業務に携わった後、ファイナンシャルプランナーとして独立。
現在、企業の従業員に対する投資教育等の活動を行なう傍ら、大学や専門学校等においても講義を行なっている。
また、家計の見直しから投資まで幅広く相談業務も行っている。
<保有資格>:CFP、FP技能士1級、1級企業年金総合プランナー

【寄稿者にメッセージを送る】

小山 信康の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ