株投資で10万円をいかに増やせるか? 実際にやってみました~第2回~»マネーの達人

株投資で10万円をいかに増やせるか? 実際にやってみました~第2回~

株投資で10万円をいかに増やせるか? シリーズ。前回、アイスタイル(3192)を100株購入しました。



簡単におさらい




5月29日、RSI指標が約10.00%の時点でアイスタイル株を買いました。買った主な理由は、

・株主優待権利確定月が近い
・業績好調
・記念配当実施決定

この3点でした。買われてもよい条件が整っているのに売られたアイスタイル株を、RSI指標を参考にして買ってみたわけですね。気になる結果は如何に?


保有株を売る理由は?


アイスタイル株を買った5月29日以降の株価の推移を見てみましょう。


≪アイスタイル(3192) 日足チャート≫


株を買った後、株価は上がったり下がったりはしていますが、トータルでは順調に上昇しています。それじゃあ、いつ売れば良いか? と考えるべきだと思うのですが、買うにしても売るにしても確固たる根拠が必要です。

先にふれましたが、アイスタイル株を買った根拠は3つありましたね。その3つのうちのいずれかが消滅したなら「売り」になります。

ここで注目したいのは、買った理由の一つ目。「株主優待権利確定月が近い」ですが、これは権利確定日に向けて株価は上昇し続けると予想する、という意味です。ただし、6月末の権利確定日前に株は売られるとも見ています。(執筆時点は6月10日)

というのは、権利獲得したいというニーズから株価上昇するわけですが、権利確定日が近づくとその需要が減少し、株価が下落を始めるのが一般的な動きとなります。

ですから、株価がそれ相応に上昇したと言えるときに売却してしまえば、確実に利益を手にすることができるというわけです。では、いつ、どの時点で売れば良いのでしょうか? 

上の画像をもう一度ご覧ください。下部がRSI指標となっていますが、6月10日の時点で77.06%となっています。RSI指標は70%以上で買われすぎを、つまり売りサインを出していることになります。

でも、今の時点で本当に売るべきなのか半信半疑です。もっと高くなるんじゃないかという希望的観測が、「売り注文」をクリックする右手人差し指の動作を邪魔します。

それなら、他のテクニカル指標も確認すれば良いですね。他の指標も売りサインを出しているなら納得して売却できます。

そこで選んでみたのがテクニカル指標の一つ、ボリンジャーバンド。拡大画像をご覧ください。


≪アイスタイル ボリンジャーバンド(上部)≫


ボリンジャーバンドは株価の勢いの変化、反転、方向を確認できる便利なテクニカル指標なんです。線が5本ありますでしょ。

真ん中の線を基準として上下に線が2本ずつあるのですが、1本目の線を+1σ(上方向。下方向は-1σ)、2本目の線を+2σ(上方向。下方向は-2σ)と言います。興味深いのが、±2σの範囲内に収まる確率は約95.4%だそうです。

つまり、+2σを越えたら売りサイン、-2σを越えたら買いサイン、というわけですね。それを参考にすると、6月10日のアイスタイル株は+2σを越えていますよ。

権利確定日が近く、RSI指標とボリンジャーバンド指標の2つで売りサインが出ています。じゃあ、売り……?


≪約定明細1≫



≪約定明細2≫


売ってしまいました! 売却価格920円です。売買には取引手数料がかかりますので、売却益から手数料を引くと…
(92,000円―76,300円)-総手数料600円=15,100円
…となりました。10万円をいかに増やせるか? シリーズ、出だし好調です。現時点で15,100円のプラス。ただ、あとが怖い、というのが本音ですが。


まとめ


株投資で10万円をいかに増やせるか? シリーズ。第1回目の売買はアイスタイル株でした。アイスタイル株を買った理由は…
・株主優待権利確定月が近い
・業績好調
・記念配当実施決定
…の3点。売った理由は…

・6月末の権利確定日が近づくと需要が減少し株価が下落を始めるので、株価下落前の上昇時に売る

…というものでした。売買時には各テクニカル指標を参考にしますが、株投資は「業績が良い」などファンダメンタル要因を重視するのが特徴です。

現在の保有金額は11万5,100円です。さて、今後の行方はいかに? <続く>(執筆者:堀 聖人)

第二回はこちら

この記事を書いた人

堀 聖人 堀 聖人»筆者の記事一覧 http://money-worker.com/money-worker/

「お金のために働くのではなく、お金に働いてもらう」ことをライフテーマとするアラフォー。銀行にお金を預けるだけでは時間とお金を活かしきれていないと悟り、お金がお金を生む仕組みを独学で学ぶ。投資歴は株式投資8年、FX3年。開設済み証券口座は5口座、FX口座は10口座以上。株式投資、FX投資、クレジットカードをメインに鋭い視点からなるコラム執筆中。日経ヴェリタスなどでもコメント。
<保有資格>:第二種証券外務員資格
<メディア掲載>:日経ヴェリタス 2015年11月15日号、 株完全ガイド(晋遊舎)

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ