最近ツイッターで話題の「オプザイル」とは? 今時の若者がバイナリーオプション投資詐欺に遭う理由»マネーの達人

最近ツイッターで話題の「オプザイル」とは? 今時の若者がバイナリーオプション投資詐欺に遭う理由

こんにちは。国府勇太です。皆さんは「オプザイル」という言葉を聞いたことがありますか?

「オプザイル」とは、華やかな恰好をした男女が充実した生活を見せつつ「バイナリーオプション」という金融商品で毎月何十、何百万円と利益を出している(ように見せる)集団です。

その全身ブランド品で身を包んだイケイケな風貌から某人気グループをもじってそういった名前で呼ばれているそうです。



投資家集団オプザイルの特徴とは?

彼らは、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、利益を出している取引履歴をアップしたり、高級ブランド店での買い物や一流ホテルやレストランでの写真を載せてリッチな生活ぶりをアピールしています。

そして、「コンサル生」や「クライアント」と呼ぶ生徒を募集しています(そもそも正式な投資助言業の登録を行っているのかも定かではありませんが)。

ちなみに、バイナリーオプションとは、将来の為替レートが設定された目標レートを上回っているか、下回っているかを予測する金融商品です

例えば、2時間後にドル円が現在のレートより上か下かを予想して、当たっていれば利益がでます。

ただ、彼や彼女らが本当に利益を出しているのかは疑わしく、そのほぼ100%が高額な情報商材を売りつけたり、海外業者のアフィリエイト目的であると推測できます。

このオプザイル、ITリテラシーが高いといわれる若い世代も多く騙されているようですので十分ご注意ください

もし、すでに騙されてしまった方は消費生活センターなど(国民生活センター)にご相談下さい。



投資を変えて人生が劇的に変わった…?

彼らはこういった言葉を好んで使います。

「行動力と決断力が大事(→高額な投資ツールを買わせるため)」
「自由になった時間で自分を高める」
「今の生活を変えよう」
「一歩を踏み出してよかった。」
「月収7ケタなんて余裕」
「チャンスをつかむ。動き出さなきゃはじまらない」
「生徒が結果をだして感謝されている。期待している。一緒にがんばろう」
「親孝行をできるように」
「以前の私のお給料1か月分なんてすぐ稼いでしまう」

投資を変えて人生が劇的に変わった「イケてる自分」を演じて、「投資さえはじめればこうなれるのかも」と思わせます。

たちが悪いのは「簡単にだれでも利益が出る」ではなく「努力をして成果が出る。稼げるようになる」と謳うことが多いこと。一生懸命、教育をして一人前の投資家にするそうです。

「もしかしたら本当に儲かるのかも」と思わせる巧妙さを感じさせますが決して手を出してはいけません。そもそも彼らが推奨する取引業者は、海外の無登録業者であることがほとんどです

入金して取引した場合、まずお金が返ってこないと考えた方がいいです。取引を始める前にその業者がこれらに該当しないか確認してください。警告書の発出を行った無登録業者(金融庁HP)

最近多くのトラブルが国民生活センターにも寄せられています。(国民生活センターHP)

バイナリーオプション自体はブラックショールズモデルという計算モデルに基づいて設計されたれっきとした金融商品なのですが、こういった詐欺行為の横行により「バイナリーオプション=詐欺」というイメージが蔓延してしまっています。

投資でもっとも怖いのは「人」

投資の世界では、こういった詐欺行為を働く人が昔から多くいます。以前流行った未公開株式もそうですが、手を変え品を変えこういった詐欺は存在しつづけます。

投資で最も怖いのは「人」です。こういった人たちに騙されるとそもそも「投資という土俵」にさえ上がれないことになります

投資はリスクがあって怖いといいますが、もっと怖いのはあなたをダマすこういった「人」です。



なぜ人は投資詐欺に引っかかってしまうのか?

なぜ人はこういった投資詐欺に引っかかってしまうのでしょうか。それは投資というものを「宝くじ的発想」で捉えているからです

例えば100万円が1年後に2倍にも3倍にもなる、そういうものが投資だと考えている人がとても多いです。しかし、これは年利200%や300%です。投資の世界では「異常なほど」高い数字です。

あの「投資の神様」と言われ、地球上で一番お金持ちになったこともあるウォーレンバフェットでさえ、年平均利回りは20%前後だったといいます

オプザイルが投資をはじめて数か月で「月収」数百万を超えたと謳いますが、元手を考えるとどれほどおかしいことなのかすぐ理解できると思います。

一夜にして大金持ちになろうとする投資は、宝くじをたくさん購入して高額当選を夢見るのと変わらないです。

「夢を買う」といえばそれまでですが、大きすぎるリターンを狙い少ない確率にかけると勝率は悲しいほど低くなるのが投資の常です。そういったことを繰り返すと着実にお金は減っていきます。

投資に過度な期待をもたない

投資をはじめてすぐに人生が一変するなんてことはありません。短期間で数千万円や1億円のリターンを狙って100万円を投資すると、高確率でその100万円は毀損します。

1億円の宝くじを夢見て300円を使うと、その300円がかなりの高確率でなくなるのと原理は同じです。投資をはじめたその日からあなたの人生が180度変わる、という妄想をまずは取り除くことが第一歩です

年間10%を超えれば優秀

投資額の3%から5%、多くても10%前後を期待するのが現実的です。「たった10%」と思うかもしれません。月利で考えれば1%にも満たない小さな額です。

10%だと100万円を投資してもはじめの1年間で10万円しか増えません。でも、この10%は時間をかけてあなたの人生を変えていきます。複利の効果により、100万円は30年も経てば1,700万円になります。

上述のウォーレンバフェットは「投資家の95%はただただ一夜にして大儲けすることしか頭にない」といい、この「宝くじ的発想」に取りつかれた人々を嘆いています。

投資は「夢を買う」ものではありません、「現実を変える」ものです。そしてそれにはどうしても時間がかかります。

収入を増やし、支出を減らして貯蓄を増やし、年間100万円ずつ投資に回してこの利回りで運用できれば26年後には1億円を超えます。たしかに時間はかかりますが、「宝くじ的発想」で夢のまま終わるより遥かに現実的です。

資産6兆円を超える彼はこうも述べています。「誰もが早くお金持ちになろうとします。でも、すぐにお金持ちになるのは簡単なことではありません。一方、ゆっくりお金持ちになるのは簡単です。」

アメリカS&P500の過去30年の平均利回りが約9.9%と言われているので年利10%は決して不可能な数字ではありません。(ちなみにウォーレンバフェットはS&P500のインデックスファンドへの投資を薦めています

人生の幸せは消費だけでは測れない



こういったことを言うと「貯金だけの人生なんて…」、「若いうちはお金をどんどん使え」という方もいます。しかし、可処分所得の多くを「消費」に回す生き方が必ずしも豊かな生き方だとは限りません。

年収300万円でも豊かな生き方をしている人はいますし、年収2,000万円でも不幸な方はたくさんいます。ローンを組んで分不相応な家に住んだり、車を買って乗り回すことが本当に幸せなことか、今一度考えてみて下さい。

資産はないよりあったほうがいいですが、消費の多寡と幸福度は比例しないです

上述のウォーレンバフェットは6兆円の資産を有していますが、高価な車を何台も所有することはなく、ハンバーガーとコーラという質素な食生活を好み、50年以上も前に購入したオマハ郊外の住宅に今でも住んでいます。

しかし彼は好きな仕事を毎日できて幸せだと断言しています。「宝くじ的発想」を捨て、投資家としてまっとうな考えで臨めば、こういった投資詐欺に引っかかることもありません

これからも「甘い夢」をエサにあの手この手でみなさんのお金をだまし取ろうとする人が現れるかもしれません。でも投資には「すぐに大金持ちになる方法」はありません。

甘い言葉にダマされず、「まともな投資でまともに資産形成」を心がけていきましょう。(執筆者:国府 勇太)

この記事を書いた人

国府 勇太 国府 勇太»筆者の記事一覧 http://blogs.yahoo.co.jp/markeyjfx

ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。現在ヤフー公式ブログの他、FX攻略.comでもコラム連載中。最近では、法定通貨だけではなくBitflyerにて仮想通貨ビットコインの分析記事も手掛けている。
<保有資格>:日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ