ファンドラップは初心者や退職者におすすめ。マネックス証券のMSV LIFEが熱い!»マネーの達人

ファンドラップは初心者や退職者におすすめ。マネックス証券のMSV LIFEが熱い!

日銀の大規模緩和にトランプ相場の到来。昨今の相次ぐIPOの話題を受け、投資に興味を持ち始めた方も多いのではないでしょうか。

特に、日本においては“借金大国”とも言われ、将来的なインフレリスクが存在していることは言うまでもありません。もはや投資は単なる“金儲け”の手段ではなく、“資産保全”の手段なのです。

また、トランプ大統領の誕生が現実味を帯びたことにより、ドル円レートは更なる円安に拍車がかかることが想定されます。

言うまでなく行き過ぎた円安は輸入インフレを引き起こします。投資初心者や退職者は今後どのように資産保全を行っていくべきなのでしょうか。

ハイリスク商品は避け、堅実な運用を。ファンドラップがおすすめ。


ファンドラップとは文字通り、ファンド(投資信託)をラップ(包む)する商品。ざっくり言うと投資信託の詰め合わせです。

もちろん、ETF(上場投信)やREIT(不動産上場投信)等も投資対象に含まれます。

その最大の特徴は、投資家のニーズに合わせてプロが運用しくれること。

投資スタイルも、リスクを積極的にとって上値を目指すスタイルから、国内債メインの安全運用スタイルまで非常に豊富。投資対象も海外資産から金などのコモディティまで多岐に渡ります。

その中から、各人の投資目標を達成するための、最適なポートフォリオを提案します。国際分散投資の安全性は既に実証済み。大儲けはないものの、資産保全には非常に有効な手段と言えるでしょう。

運用コストはしっかり把握。MSV LIFEは業界最低水準。


運用商品にはコストが付き物です。投資を始める前にコストを把握することは非常に重要です。

結論から言うと、マネックス証券がリリースしたファンドラップ(マネックス証券での商品名はMSV LIFE)の手数料は業界最低水準。顧客の実質負担コストを1%未満に抑えることを目標としています。

この水準は大手証券に比べて約半分。コスト面でのメリットが非常に大きいと言えるでしょう。また、MSV LIFE契約時のサポート体制も非常に手厚く、運用方針の決定段階からアドバイザーの手助けを受けられます。

さらに、10,000円からの運用開始、積み立ても可能で、初心者や退職者が投資を始めるには最適の商品と言えるでしょう。

最新のAi技術を活用した資産運用である点にも注目ですね。実際に、ロボアドバイザーによる運用は、非常にパフォーマンスが良いと言うことも実証されています。

退職金運用や投資初心者の運用に最適なファンドラップ。マネックス証券のMSV LIFEであれば小額で始められてコストパフォーマンスも良好。資産保全に大きな役割を果たしてくれることでしょう。

また、安定運用スタイルでの運用は資産保全にも有効です。一方で、運用スタイルによっては思ったような利益を上げられないケースもあります。

リスクとリターンは表裏一体。それなりの利益を追求するのであれば、あらかじめリスク資産比率の高いポートフォリオを構成しなければなりません。

“資産運用”と“資産保全”。そのバランスに注意しながら運用方針を定めましょう。

短期少額トレードも視野に入れるならマネックス証券⇒公式HP

(執筆者:徳田 陽太)

この記事を書いた人

徳田 陽太 徳田 陽太»筆者の記事一覧 http://www.finanzajapan.com/

札幌で働く元証券マンFP(ファイナンシャルプランナー)。立命館大学卒業後、大和証券株式会社に入社。法人・個人営業に従事し、5年間で4度社長賞受賞。退職後、Finanzaを設立し“chatでFP”サービスを展開。チャットやLINE利用による安価な家計相談サービスを実現。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
<保有資格>:証券外務員一種

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ