携帯電話の「かけ放題プラン」ならどこにかけても全て無料になると思ってませんか? 注意すべき電話番号とは»マネーの達人

携帯電話の「かけ放題プラン」ならどこにかけても全て無料になると思ってませんか? 注意すべき電話番号とは

電話かけ放題のプランのはずなのに、今月は請求金額が高いなーと思うことはありませんか?

そんなときには、まあいいかと放置せずに請求内容の内訳を確認してみましょう

電話かけ放題の対象外になる電話番号があることを知っておかないと損することがありますよ!



無料通話ではない電話番号がある

わたしは電話かけ放題のプランにしてからというもの、固定電話から電話をかけなくなりました。定額だったら携帯からかけないと損だよね、と思っていたからです。

それなのに、携帯の請求金額が数百円高くなることが続いたので料金明細を見てみると、「0570通話料」が請求されていることがわかりました

1


電話かけ放題といっても、企業への問い合わせ窓口によく使われている「0570」の電話番号は無料通話対象外なのです。

ちなみに大手3社のソフトバンク、au、ドコモすべて共通のルールです。

携帯電話会社の通話定額プランの注意書をよく見るとちゃんと書いてあるのですが、知らなかった方は今一度自分の契約プランの詳細を確認してみてください。

契約時には確認していても、忘れている方もいるのではないでしょうか?

「0570」以外にも、「104」や「0180」、国際電話も無料通話ではないので気をつけましょう

0570の電話番号とは?

まず、「0570」の番号とは何かというと、市外局番ではなくNTTコニュミケーションズが提供する「ナビダイヤル」という通信サービス。

通話料金はかけた側が負担するシステム(通話料の一部を着信側が負担する場合もあり)なので、フリーダイヤルとは異なる有料通話です。

企業のお客様コールセンターに導入されていることが多いので、かける機会が訪れる可能性がある番号です。

0570で始まる番号にかけると、

「この電話は、1分ごとに10円、携帯電話からは20秒ごとに10円かかります…」

などのガイダンスが流れます。

電話かけ放題だから関係ないかと思ってスルーしていましたが、0570は定額通話料対象外であるどころか、このガイダンスが流れているときから通話料がかかっているのです

しかも最近のコールセンターはオペレーターと話すまでに、

「○○についてのお問い合わせは1番、○○については2番…を押してください」

というガイダンスが延々と続き、あげくの果てに電話が混み合っていて何分も音楽が流れて待たされることもあります。

その間も、ナビダイヤルは通話料がかかっているのです

わたしはよくネットで買い物をするので宅配便の不在票が入ることが多いのですが、再配達申込の電話番号が携帯からかけられないフリーダイヤルの場合があります。

ドライバー直通電話番号が書いてあるとよいのですが、0570の番号しかないときもあります。

そうすると、一回の再配達申込をするために通話料が100円以上かかることがあるのです

0570の電話番号に安くかけるには


フリーダイヤル「0120」が書いてあって、携帯電話用にナビダイヤル「0570」が書いてある場合


かけ放題だからとうっかり携帯から0570にかけずに家の固定電話からフリーダイヤルにかけましょう。

0570で始まる電話番号と併記して市外局番で始まる電話番号の問い合わせ先がある場合


市外局番のほうを選んでかければ携帯のかけ放題対象通話になるので無料でかけられます。

残念ながら0570の電話番号しか書いてない場合


ネットで他の問合せ電話番号を検索してみると、市外局番から始まる番号の問い合わせ窓口がわかる場合があります

宅配の不在票の場合について。0570の番号しかなくドライバー直通携帯番号も書いていない場合は、ネットからの再配達申込がおすすめです

入力する手間はかかりますが、0570の料金を払って話すよりも短時間ですみ、通話料がかかりません。



0570の番号にかけなくなったら携帯の通話料請求額はもとにもどりました

2


わたしの携帯電話の料金は、電話かけ放題・データ定額プランなので毎月ちょうど7,000円ぐらいのはずなんですよね。プラスされるのは他社SMSメールくらいでせいぜい100円未満。

携帯代が月に約7,000円なのか、約7,500円なのかでは年間で5,000円以上も違います。

携帯電話に限らず、いつもの請求よりちょっと高いかな? と疑問に思った場合は、なにごとも面倒がらずにチェックして対策が必要ですね。(執筆者:野原 あき)

この記事を書いた人

野原 あき 野原 あき»筆者の記事一覧

パート7割、フリーライター3割で働く主婦です。20代のころは旅行と買い物が大好きでした。結婚後、工夫して節約するおもしろさにハマり、お金を貯める楽しさを覚えるとドンドン貯金ができるように。そんな中でもずっと変えないポリシーは、「交際費は惜しまない」こと。ムダを省いてオトクを取り入れることに日々アンテナを張っています。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ