4月からクレカによる年金保険料の2年前納が可能に 還元率0.5%以上なら口座振替よりもお得»マネーの達人

4月からクレカによる年金保険料の2年前納が可能に 還元率0.5%以上なら口座振替よりもお得

平成29年1月27日、厚生労働省より「平成29年度における国民年金保険料の前納額について」というプレスリリースが発表となりました。

平成29年4月分より、クレジットカードによる2年前納が可能となります

そこで今回は、このプレスリリースをもとにして、クレジットカードによる国民年金保険料の2年前納について、徹底的に解説していきます。




前納は毎月納付より1万4,400円お得

まずは、国民年金保険料について、納付方法による保険料の割引額の違いを見ていきましょう。



クレジットカードによる納付は、「現金納付」に該当しますので、口座振替よりはお得金額が若干少なくなっています

今回新たに登場した2年前納で、口座振替とクレジットカード納付(現金納付)を比較してみますと、2年間で1,240円(1年間で620円)の違いが生まれています

それでも、毎月納付と比べれば2年間で1万4,400円お得ですので、支払方法の候補としてはかなり有力ですね


クレジットカードでお得になるポイント還元率は?

口座振替と比べた場合の、2年間で1,240円、1年間で620円のビハインドを、クレジットカード利用によるポイント還元でペイできれば、口座振替よりもクレジットカード納付の方がお得ということになります。

クレジットカード納付の方がお得になるポイント還元率を計算すると、約0.4%となり、一般的なクレジットカードのポイント還元率である0.5%ならば、十分に元が取れる計算となるのです。


さらにお得を実感できるクレジットカードを紹介!

しかし、どうせならばよりお得を実感したいものですよね。

そこで今回は、よりポイント還元率が高いクレジットカードを、注意点も合わせて紹介しちゃいます。

誕生月は2.5%! ライフカード




≪画像元:ライフカード


ライフカードは、誕生月のみポイント還元率が2.5%となります

2年前納の場合、国民年金保険料の請求がカード会社に反映されるのは4月末日ですので、4月が誕生月の人でないとお得になりません

結婚記念月は2.5%!ブライダルデーカード



≪画像元:Orico ブライダルカード


ブライダルデーカードは、結婚記念月のみポイント還元率が2.5%となります

ライフカードと同様に、結婚記念月が4月でないといけませんが、誕生月と異なり自分で何とかできるのがいいですね。

条件次第で還元率2%のアクシスカードプラス




≪画像元:アプラス


アクシスカードプラスは、条件を満たせば翌年のポイント還元率が2%となります

ただしその条件が、年間200万円とかなり高いハードルです。

キャッシュバックとポイントで1.5%還元の「P-one Wiz」




≪画像元:P-one Wiz


P-one Wizはキャッシュバックで1%還元、ポイント還元で最高0.5%還元となり、1.5%の還元率です

ただしリボ払いカードですので、リボ払い手数料を払いたくなければ「全額払い」に設定するのを忘れないでください


クレジットカードによる国民年金保険料の2年前納、注意点は?

最後に、クレジットカードによる国民年金保険料の2年前納、その注意点を紹介します。



(1) カードブランドに注意


保険料納付は、多くのクレジットカードブランドで利用可能ですが、カード発行会社が「アメリカン・エキスプレス」の場合は利用できません

ただし、カード発行会社がセゾンカード、搭載されている国際ブランドがアメックスの「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」などはOKです

(2) プリペイドカードは使えない


今では、「LINE Payカード」など高還元率のプリペイドカードが登場してきていますが、年金事務所に問い合わせしたところ、「プリペイドカードは使用できない」とのことでした。

VISAデビットは使用できますが、還元率重視ならば他のクレジットカードの方がいいでしょう。

ちなみに、納付書を使えばコンビニで電子マネーを使って前納できますが、「nanaco」では1件当たり25万円しか納付できないので、2年前納はできません(1年前納ならば可能)。

(3) 利用限度額に注意


2年前納となりますと、一度に40万円近いお金を支払わなければなりません。

利用限度額が30万円くらいのカードですと、2年前納のお金を一度に支払えません。

発行間もないクレジットカードは限度額が高く設定されていないので、十分に注意しましょう

(4) 支払方法は「一括」のみ


国民年金保険料のカード納付は一括のみで、リボや分割は利用できません。

(5) 引き落としできないと「毎月納付」に切り替わる


何らかの理由で2年前納の引き落としができなかった場合には、自動的に毎月納付に切り替わってしまいます

この点について年金事務所に問い合わせしたところ、「ケースバイケースだが、1年カード前納で引き落としができない場合、1か月分は現金納付、残り11か月分をまとめて納付することができ、1年前納不度ではないが11か月分前納による割引もある」とのことでした。

(6) カード納付には手続きが必要


カードで国民年金保険料の2年前納をしたい場合、前年度の2月末までに手続きをしなければなりません。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ