ATMへ「月2回だけ行く」生活で無理なく節約する方法»マネーの達人

ATMへ「月2回だけ行く」生活で無理なく節約する方法

あなたは月に何回、ATMでお金を下ろしますか?



私は以前、財布にお金がなくなるたびに下ろしてました。でもそうすると、今月いくら使ったのかわからなくなるんですよね。

そこでATMに行く回数を月2回と決めたら、お金を使いすぎることがなくなったんです。

今回は、月2回ATMに行くことのメリットと、続けられるコツをご紹介します!


月2回だけATMに行く生活のメリット

私はまず月初めにATMに行き、半月分の生活費を一気に下ろします。その2週間後にもう一度ATMへ行って、残り半月分のお金を下ろします。

この月2回だけATMに行く生活には、こんなメリットがあります。

・ ATM手数料の節約
・ 財布に残っているお金を見ながら出費を調整できる
・ 今、自分がどのぐらい使っているかわかる
・ 毎月の買い物が予算内におさまる

お金がなくなるたびにATMに行く生活と比べ、一度に下ろす金額は大きくなります。

しかしそのお金で半月過ごさなければいけないため、無駄な買い物をしなくなります。

でももし途中で足りなくなったら、どうすればいいのでしょうか


月2回だけATM生活をうまく続けるコツ

ATMへ行く回数を減らしたときにありがちなのが、結局お金が足りなくなって下ろしてしまうパターン。

私も最初はよくやりました。その度に予算を見直して、だんだん必要な金額がわかってきました。

無理なく続けるために、私は次のようなルールを決めています

・ 予算に含めるのは食費と雑費(日用品など)だけにする
・ 光熱費や家賃は予算に入れない
・ 飲み会費などのイレギュラーな予算は別に設定する

財布に入れておくのは、食費や日用品を買うのに必要なお金だけ。うちは夫婦2人なので、半月で1万5千円の予算にしています。

もし毎週飲み会が入るようなら、半月分の飲み代も別に下ろしておきます。

飲み会やイレギュラーの予定がめったにない人は、予定が出来たときにそのお金だけ下ろしにいってもいいでしょう。

ガス代や電気代をコンビニ払いにしている人も、基本の予算とは別に下ろしておきましょう。

全部を同じ予算に入れてしまうと、電気代が高かった月は食費が足りなくなるなど、管理が難しくなります




予算は毎月見直して、無駄なく暮らせる金額を見つけよう

月2回ATMへ行く生活にすると、最初は予算が足りなかったり、逆に余ったりします。

余った場合は、ごほうびに使うのではなく貯金に回しましょう。

足りなかったときは、無駄遣いに気づくチャンスです。

・ 余計な買い物をしなかったか
・ イレギュラーな出費がなかったか
・ 予算の設定に無理はなかったか

この3点を考えてみてください。何度か続けるうちに、本当に必要な金額がわかってきます

我が家の場合は、食費や日用品の予算が1か月で3万円。

家賃、光熱費、ネット・携帯代、イレギュラーな交際費を足しても、夫婦2人で毎月15万円あればやっていけます。

ということは、15万円以上の収入があれば貯金できるというわけです。


半月ごとにリセットできるから、続けられる

月2回だけATMに行く生活のいいところは、始めやすく、続けやすいということ。

2週間区切りでいつでも始められますし、予算オーバーしてしまっても、修正してすぐまたチャレンジできます。

毎月の予算を決めて管理することで、自然とお金は貯まっていきますよ。

まずは2週間、試してみてください。(執筆者:ヒトミ ・ クバーナ)

この記事を書いた人

ヒトミ ・ クバーナ ヒトミ ・ クバーナ»筆者の記事一覧

1983年、大阪生まれ。20代は劇団で役者をしながらフリーター生活。多い時で月収16万円だったが、海外旅行を夢見て2年で80万円貯める。それをオーストラリア旅行でパーっと使い切ったあと、今度は日本語教師になるための学費60万円を、9か月分割払い。2013年よりメキシコで日本語教師として働く。現在はメキシコから連れて帰ってきた夫と、大阪の1Kマンションで2人暮らし。ガーッと貯めて使い切る生活から、将来を見据えた貯蓄生活に移行中。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ