今、注目を浴びるソーシャルレンディング 人気の運営会社5つを詳しく紹介»マネーの達人

今、注目を浴びるソーシャルレンディング 人気の運営会社5つを詳しく紹介

「資金を借りたい事業者」と「お金を貸したい投資家」を、ネットを通して結び付けるサービスソーシャルレンディング」。

今、注目を浴びている資産運用の新しいカタチです。

投資額が1万円~という少額の案件があることに加え、高利回りの運用が大きな魅力となっています

今回はソーシャルレンディングサービスを行なっている企業と、それぞれの特徴をご紹介します。




1. maneo



≪画像元:maneo≫


2008年から事業をスタートさせているmaneoは、この業界では老舗と言ってもいいでしょう。

累計運用資産額は500億円を超え、その実績は業界NO.1とも言われています。

maneoのローンファンドは複数の案件の貸付債権で構成されています。

・ 最低投資額  1万円~
・ 案件の利回り 案件によりますが5.0%~8.0%程度
・ 運用期間   最短2ヶ月から最長36ヶ月
        利息は毎月分配
・ 担保     主に不動産
・ 投資口座の開設基準

個人の場合


・ お手続きの段階で20歳以上、75歳未満である方(75歳以上の方で投資家登録希望の方はお問い合わせ下さい。)

・ 日本在住で在留資格を有している方

・ maneoマーケットの審査に通った方

法人の場合は個別対応になっています

口座はお手続きから最短で3営業日、無料で開設できます。

maneoは日本で初めて貸付型クラウドファンディングのサービスを提供している会社です。

その実績が大きいだけに、安定感や安心感もあると言えるでしょう。maneoの詳細についてはHPを御確認下さい。


2. ラッキーバンク・インベストメント



≪画像元:ラッキーバンク≫


日本で唯一、不動産に特化したサービスを展開している「ラッキーバンク」。

1万円からの投資も可能となっており、全案件に不動産が担保されているため、投資初心者にも人気があります。

・ 最低投資額  1万円~。
・ 案件の利回り 案件によりますが6%~10%程度
・ 運用期間   最長36か月。配当は原則毎月分配
・ 担保は国内不動産
・ 投資口座の開設基準

個人の場合


・ 運転免許証、パスポートの写し等の本人確認書類の提出、居住地確認が取れる方

・ 20歳以上の方(75歳以上の方で投資家登録希望の方はお問い合わせ下さい。)

・ 口座はおひとりにつき一口座のみ

法人の場合は個別対応になっています

口座開設はお手続きから5営業日程度、開設時の費用や口座管理料は無料です

全ての案件に不動産担保が設定されているため、高い保全性が期待できると安心・安全をアピールするラッキーバンク。

人気が高いため、案件の募集がすぐに受付終了となるケースも多いので、素早い判断力が必要になるかも知れません。

ラッキーバンクの詳細についてはHPを御確認下さい。


3. 株式会社トラストファイナンス



≪画像元:トラストファイナンス≫


基本的に担保が付いていること、比較的短期での運用もできることがメリットの「トラストレンディング」。

株式会社トラストファイナンスが運営するサービスです。

・ 最低投資額   10万円~
・ 案件の利回り  4.0%~12.0%程度
・ 運用期間    3か月から24か月。収益毎月分配型
・ 担保は不動産、動産、金銭債券など
・ 会員登録

個人の場合


・ 登録申請の時点で20歳以上、75歳未満の方(75歳以上で会員登録を希望する場合はサポートセンターまでお問い合わせ下さい)

・ 日本国内に在留資格を有しており。居住地の確認が取れる方

・ ご利用頂く上での適格性等について、トラストファイナンスから承認を受けた方

・ 法人の場合は個別対応になっています。

・ 会員登録、維持手数料、出資の際の取引手数料は無料です。

現在はキャンペーン中で新規会員登録とメルマガ購読登録すると現金1,500円、またこれにプラスして10万円以上の新規お取引で3,500円がプレゼントされます

どちらも2017年6月30日午後5時までが締切となっています

トラストレンディングについての詳細はHPを御確認下さい。

        

4. クラウドクレジット株式会社



≪画像元:クラウドクレジット≫


海外特化型クラウドファンディングで知られる「クラウドクレジット」。

複数の国の案件に分散しての投資が可能です。投資型クラウドファンディングに関する各種セミナーも好評です。

・ 最低投資額  1万円~
・ 案件の利回り 5.3%~14.6%程度
・ 運用期間   7か月~48か月
・ 投資口座の開設基準

個人の場合


・ 申請段階で20歳以上、75歳未満の方(75歳以上の方は別途ご相談下さい)
・ クラウドクレジットの審査に通った方
・ 法人の場合は、まずメールでご連絡ください。
・ 口座開設料や維持費は無料です。

累計成立ファンド数100本を超え、ヨーロッパ、中南米、東欧・中央アジア、アフリカなど世界各地に投資対象案件を持つクラウドクレジット。案件の情報も非常に詳しくHPに載せています。

クラウドクレジットについての詳細はHPを御確認下さい。


5. ロードスターキャピタル株式会社



≪画像元:OwnersBook≫


「OwnersBook」という名称で運営しており、不動産特化型のクラウドファンディングサービスです。

案件はすべて不動産投資の専門家が精査し厳選したもの。初心者向け、経験者向けのセミナーも実施しています

・ 最低投資額  1万円~
・ 案件の利回り 4.5%~14.5%程度
・ 運用期間   1か月~2年程度
・ 担保     不動産
・ 投資家登録の資格

個人の場合


・ 申請段階で20歳以上、75歳未満の方(75歳以上の方については個別対応となっています)
・ OwnersBookの審査を通過した方
・ 法人の場合は個別対応になるのでお問い合わせ下さい。
・ 投資家登録まで概ね5営業日程度かかります。登録や口座開設の費用は必要ありません。

案件ごとにそのリスクの大きさを分かりやすく表示しているので、投資初心者には心強いシステム。

またHPでは会社の財務状況までしっかり紹介してくれています。

OwnersBookの詳細はHPを御確認下さい。


デメリットにも目を向ける



とにかく高利回りであることが一番のメリットと言えるソーシャルレンディング。

低金利の時代だからこそ、その期待や需要は高まりつつあると言えるでしょう。

しかしメリットがあればデメリットがあることも否めません。そこには「貸し倒れ」という大きなリスクがあることも確かです

まずは案件の内容を良く確認し、担保や保証の有無、会社の信用度などについても、しっかりチェックするようにしましょう。(執筆者:藤 なつき)

この記事を書いた人

藤 なつき 藤 なつき»筆者の記事一覧

保険・マネー・健康・医療・福祉・教育・伝統工芸・伝統行事等、幅広い分野の記事を執筆。
お仕事をさせて頂きながら、自分自身もたくさんの発見と新しい知識を身に付けさせてもらっていると感じる毎日。2013年FP2級取得。東京育ち、福岡在住。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ