我が家の月々のレジャー費を半額以下にしてくれた「駅探バリューDays」を紹介します。»マネーの達人

我が家の月々のレジャー費を半額以下にしてくれた「駅探バリューDays」を紹介します。

休みになれば「どこか遊びに連れていって!」と言う子どもたち。

でも家族全員でレジャー施設に行くのはけっこうお金がかかるもの。

今回は少しの月会費でレジャー費を大幅に節約できる、駅探バリューDaysというサービスをご紹介します。

※記事内の優待情報は執筆当時(2017年2月現在)のものです。




駅探バリューDaysって?




≪画像元:駅探バリューDays


駅探バリューDaysは、会員限定の割引優待サービスです。

月額324円(税込)を支払うと、映画・アミューズメント施設・スパなど、全国100万件以上の優待特典が利用できるようになります

申込も解約もインターネットから1分程度でできるので、入退会の手間もかかりません。

駅探バリューDaysの優待特典の中には、割引率が非常に高いものもあります。月に1回の利用でも、十分月額料金の元が取れますよ


どんな割引があるの?

100万件以上の優待特典がありますが、その中でも使いやすく、割引率が高いものをご紹介します。

映画




≪画像元:駅探バリューDays


劇場鑑賞券をお得に購入することができます。

例えばTOHOシネマズの利用チケットは、通常価格1,800円のところ、1,500円になります

イオンシネマやユナイテッドシネマは、通常価格1,800円の劇場鑑賞券を1,300円で買うことができます

駅探バリューDaysの優待は何度でも利用可能なので、映画が好きという方には特にオススメですよ。

カラオケ




≪画像元:駅探バリューDays


二次会に、子どもの集まりに便利なカラオケルーム。駅探バリューDaysの会員になると、料金が割引になります。

カラオケの鉄人では室料が20%オフ、カラオケルーム歌広場も20:00までの入店でグループ全員20%オフになります。

JOYSOUND直営店のカラオケ店では、17:00~20:00の入店でなんと室料が50%オフ! 時間を気にせず思う存分楽しめます。

レジャー施設




≪画像元:駅探バリューDays


駅探バリューDaysでは、レジャーカテゴリだけでも1,500件以上の優待が用意されています。割引率が高いものも多く、とてもお得感がありますよ。

富士急ハイランド

絶叫マシーンで有名な富士急ハイランド。入園+乗物3回券で、通常おとなは1人4,500円ですが、半額以下の2,200円で購入できます。

東京ドームシティ

また、東京ドームシティの施設を利用する時に使える得10チケットは、6,200円相当をなんと2,980円で買うことができます。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

子どもたちに人気のレゴランド・ディスカバリー・センター東京も、通常2,400円の入場チケットが1,500円で手に入ります。

平日(月曜除く)ならさらに安く、通常価格から半額の1,200円になりますよ。

会員向けの特別デーもあります

その他にも、会員向けの特別デーが設定されることもあります

成田ゆめ牧場の入場料(通常おとなは1人1,400円)が無料になったり、サンリオピューロランドのパスポート(通常おとなは休日1人3,800円)が驚きの700円で販売されたりすることもあります。

元々おでかけ好きのわが家では、レジャー費が家計に大きな影響を与えていました。

けれど駅探バリューDaysの会員になってから、月々のレジャー費が半額以下になり、ずいぶん余裕ができました。




上手に利用すれば数千円以上お得に!

筆者の家ではレジャー以外にも、マッサージルームの割引や、託児施設の年会費が半額になるサービスを利用するなど、駅探バリューDaysを頻繁に利用しています。

その結果、324円(税込)の月額料金を支払ってはいるものの、平均すると毎月3,000円以上の節約ができています。

少ない投資で大きなリターンが得られる会員制優待サービス。

レジャー費をおさえたいけれど、おでかけは減らしたくない! という方は、入会を検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ