旅先の悪天候を補償してくれる「お天気保険」を紹介します»マネーの達人

旅先の悪天候を補償してくれる「お天気保険」を紹介します

以前から入念に準備していた楽しい旅行も、当日のお天気だけはどうにもなりません

特に、街歩きや屋外レジャーを楽しもうと思ったのに、ずっと天気が悪いと台無しですよね



転機を変えることはさすがにできませんが、事前に支払った旅行代金を少しでも取り戻せる、そんな「お天気保険」を今回は紹介します。

「ベストリザーブ・宿ぷらざ」のお天気保険付きプラン





まず紹介するのは、宿泊予約サイト「ベストリザーブ・宿ぷらざ」のお天気保険付きプランです。

万が一雨が降ったら、宿泊代金を100%キャッシュバックしてくれます保険加入料は「宿泊料金の10%」です


キャッシュバックまでの流れ

(1) 「お天気保険付きプラン」を予約


チェックイン日や泊数、部屋数、予算や地域などからお好みのプランを検索できます。宿泊日の3日前まで予約OKです

(2) 当日の宿泊先で雨が降ったかを判断


宿泊日の15時~18時の3時間、3時間の間0.5ミリ以上の雨が降り続けていると、保険の適用と判定されます

連泊の際も、1日単位で判定、1日単位でキャッシュバックしてくれます。

(3) キャッシュバックの振込先情報を登録


適用された方には宿泊日から90日以内にメールで連絡が来ますので、メールに記載されたURLへアクセスして、振込口座を登録します。

(4) 宿泊代金を100%キャッシュバック


振込先情報を登録した翌月第三日曜日を目安に、振込されます。


「H.I.S.」のお天気あんしんプラン





国内最大手の旅行代理店「H.I.S.」のお天気あんしんプランです。

これは保険と宿泊施設がセットになっているものではなく、希望の旅行商品にオプションとしてつけるものです

航空機利用国内ツアー、宿泊付きバスツアーから選択できます


キャッシュバックまでの流れ

(1) 雨が降る時間帯を予想


旅行日程の中から雨が降る時間帯を、「10時間」、「6時間」、「3時間」のいずれかから予想します

(2) 加入プランの選択


「定額プランS」、「定額プランM」、「定額プランL」、「まるごとプラン」から加入プランを選択します

以下のように、選択した時間帯と加入プランによって、キャッシュバックの金額が異なります。



(3) 申し込み


サイトから、旅行開始時の4日前までに申し込んでください

(4) アメダスによる判断


滞在地の気象庁アメダスにより、予想した時間帯全てで雨(0.5ミリ以上の雨、雪、みぞれ、あられ)を記録したら、キャッシュバックの対象に

判定はH.I.S.が行ない、最長2か月かかります

(5) キャッシュバック


銀行振込で行い、返金時に事務手数料400円が差し引かれます




どちらがおすすめ?

面倒なことが苦手な人


H.I.S.の「お天気あんしんプラン」は、時間帯予想やプランの選択が結構面倒です

それならば、一律宿泊料金の10%で加入できるベストリザーブ・宿ぷらざの「お天気保険付きプラン」が分かりやすいですね

お得なツアープランから選びたい方


「ベストリザーブ・宿ぷらざ」は、宿泊予約サイトであり、航空機やバスの料金は含まれていません

一方の「H.I.S.」は、宿泊予約はもちろんツアーも取り扱っているため、旅行の選択肢が多いのが魅力的ですね

掛け金をお得にしたい方


保険料をお得にしたいなら、H.I.S.の「お天気あんしんプラン」です

100%キャッシュバックが受けられる保険の掛け金を比べると、H.I.S.のお天気あんしんプランは「旅行代金の5%」、ベストリザーブ・宿ぷらざのお天気保険付きプランは「旅行代金の10%」です

100%キャッシュバックを希望しないなら、H.I.S.のお天気あんしんプランは掛け金をもっとお得にできます。(執筆者:角野 達仁)

【無料】複数の保険会社に生命保険などパンフレット一括請求!ならこちら

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ