高配当株の「最新投資戦略」ポイント3つ 毎月配当金を受け取とろう»マネーの達人

高配当株の「最新投資戦略」ポイント3つ 毎月配当金を受け取とろう

ポイント1 優待拡充もしくは優待新設に注目



先日、すかいらーく(3197)が株主優待制度を拡充し、食事券の金額が3倍になったというニュースがありました。

その数日後も、フジ・コーポレーション(7605)が株主優待の商品券を従来の1,000円から一気に5倍の5,000円にするという発表を行い、翌日の株価は大幅高となりました

今後も決算が集中する3月末にかけて株主優待の拡充や新設が多数発表されると思われます。

理由


市場変更という狙いがあります。すかいらーくはすでに東証1部のため、すべてがそうではありません。

しかし優待の新設や拡充は株価にプラス材料となることや、総合利回りも増加するため、今後も注目していきましょう


ポイント2 決算月変更

ここ数年、大型株の決算月が変更される動きが目立ちます

3月が決算月の上場企業は全体の7割ほどになりますが、3月から12月に変更されるケースが出ています。

理由


欧米企業の場合は12月決算が主流のため、グローバルに経営している会社だと決算月を変更したほうが都合がいい場合も多いようです。

そうなると、今まで3月に集中していた配当金狙いの投資も分散化することができます

増加する12月決算企業をチェックしてみるのも一つの戦略ではないでしょうか?




ポイント3 J-REIT

近年、ヘルスケアREITというのが上場してきました。

ヘルスケアREITとは


「有料老人ホーム」や「サービス付高齢者住宅」施設に投資するREITです。

住居、事務所、商業施設など、従来の不動産とは全く違うタイプのため、特有のリスクもあるのですが、
・景気に左右されにくいこと

・需要が増加し続ける
という特徴があります。

また、分配金利回りも5%前後となっており、他のREITと比べて利回りは高めです。

現在のヘルスケアREIT


・ 日本ヘルスケア投資法人(3308)

・ ヘルスケア&メディカル投資法人(3455)

・ ジャパン・シニアリビング投資法人(3460)

と3社しか上場しておらず、時価総額も小さめです。

選択肢は少ないのですが、日本の人口動態や米国REITの事例をチェックしてみると、可能性があると思われます。


おまけ:3月期待のIPO銘柄

・ 回転ずし大手のスシローグローバルHD(3563)

・ ラーメン一風堂を経営する力の源HD(3561)

など、個人投資家に人気の株主優待が期待できそうです。


まとめ



ポイント1から3の流れを見ていくと、今後は株式の大家さんのような戦略も立てられそうですね。

不動産大家の魅力は毎月一定した収入を得られることですが、株式の場合、配当金受取が3月に集中していました。

決算月の変更やJ-REITも投資対象に加えることで、株式でも大家さんのように毎月配当金を受け取れることができそうです。

J-REITの場合、決算月は1~12月まで各社バラバラです。(執筆者:坂本 彰)

この記事を書いた人

坂本 彰 坂本 彰»筆者の記事一覧 http://saig.livedoor.biz/

株式会社リーブル 代表取締役
サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つためのルールを学ぶ。11万円の資金から始めた株式投資は2015年に資産5000万円、利益3000万円に。現在、自分自身の経験、成功法則を基に独自の銘柄選定ノウハウを有料会員様に向けて提供。投資助言・代理業取得済。1976年生まれ。趣味はジョギング、バイオリン、旅行、読書。メディア掲載歴 BIGTOMORROW、週刊現代、マネーポスト、週刊SPAなど。

【寄稿者にメッセージを送る】

坂本 彰の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ