「好きなことを仕事にする」というお金の増やし方»マネーの達人

「好きなことを仕事にする」というお金の増やし方

お金を増やす方法と言えば、資産運用か仕事をして稼ぐことの2つが挙げられます。

しかし、投資はあまり気乗りしないという方や、家庭の事情でフルタイム勤務は難しいと感じている方は、どうすればいいのでしょうか?

今回は、好きなことを仕事にしてみるというお金の増やし方をご紹介します。投資や長時間労働は無理と考えている方、こんな働き方をして、豊かさを手にしてみませんか?




お金のために働くのって、憧れない…

「お金を増やすために、専業主婦はパートに出ましょう」

「パートの人はフルタイムで働けないか検討しましょう」

「フルタイム勤務の人は、定年後も働けないか模索してみましょう」

「お金を増やすために、働き方を見直そう!」と言うと、こんなフレーズをよく聞くかと思います。

でも、正直、このセリフを聞いて、どう思いますか?

「その通りだ!もっと働こう!」と前向きに思えた方なら、すぐ就職・転職活動ができたと思います。

しかし世の中には、育児や介護などで働きたくても働けない方、家庭をおろそかにしたくなくて勤務時間を増やせない方、老後は自分の好きなことをやりたいので早く退職したい方もいるでしょう。

そんな方々は、節約や投資でお金を増やすしかないと考える傾向にあります。

しかし、本当は、興味のない投資をしなくても、我慢だらけの節約をしなくても、家庭を犠牲にした働き方をしなくても、お金を増やすことはできます。それが、好きなことを仕事にするという選択肢です。

例えば、料理が好きな方は週末にお料理教室をする、心理学に興味がある方はカウンセリングの仕事を始めてみるなど、自分の好きなことを軸に、社会に価値を提供できる手段はないかを考えるのです


好きなことを仕事にするメリット

好きなことを仕事にすると、こんなメリットがあります。

自分のライフスタイルに合った働き方を選べる


土日だけ働きたい、平日3日で1日4時間だけ働きたいなど、自分のライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができます

人生の充実度がアップする


好きなことを仕事にしているので、やらされている感がなく、毎日が生き生きとしてきます。

嫌なことを仕事にするより成功しやすい


他人から見ると、ものすごく努力しているように見えますが、本人は好きでやっているので、もっとやりたいと思えるようになります。

結果として、嫌々働くよりも成功しやすくなります。


好きなことを仕事にするという働き方は甘い?

「好きなことを仕事にするなんて、甘い!」という考え方もありますが、私は好きなことを仕事にできた人間のひとりです。

私の場合は、文章を書くことが好きだったので、ライター業を始めてみました。

出版社勤務だったわけでもないので、人脈なんてありませんでしたが、最初はクラウドソーシングを活用して仕事を受注するようにしました。

初月は月3万円程度しか稼げなかったので、初めは副業程度にしかならないと思っていました。

しかし、好きなことを仕事にしてみると、仕事自体が楽しくなり、こつこつやっているうちに、半年後には会社員時代の月収を超えるようになりました

起業というと、難しいイメージがありますが、今はブログやSNSで簡単に情報発信ができたり、集客ができる時代です。

主婦がちょっとお教室を始めて、月10万円程度稼ぐのであれば、以前よりもかなりハードルが下がっていると言えるでしょう




人生を楽しみながら、使えるお金を増やすために

好きなことを仕事にすれば、人生の質を上げながら、同時にお金を稼ぐことができます。

必ず成功するというわけではありませんが、私自身は、嫌な仕事を長時間するよりも成功しやすいと感じています

お金のために働くのではなく、自分の人生を充実させながら、お金を手に入れる方法を探してみませんか?

それはきっと、普段何気なくしていることや「こんなことは誰でもできるはず」と思っている、あなたの好きなことの中にあるはずです。(執筆者:垣内 結以)

この記事を書いた人

垣内 結以 垣内 結以»筆者の記事一覧

1986年生まれのフリーライター。大学卒業後、大手損害保険会社に就職。正社員だった当時、「ボーナスは全額貯金が当たり前」という、根っからの貯金好き。日々節約にいそしみながらも、お金を使うときは楽しく使いたい派。「お金のこと、難しくてよく分からない!でも、損したくない!」というあなたに向けて、ストレスフリーな節約術から、効果的な貯金方法、知って得する保険の知識などを書いていきます。FP2級も取得しまいた。

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ