毎月ノートがタダでもらえる「自習ノート」 実際にもらってみました。»マネーの達人

毎月ノートがタダでもらえる「自習ノート」 実際にもらってみました。

メモ帳や子どもの落書き帳としてノートをよく買うという方は「自習ノート」を試してみませんか?

会員登録するだけで毎月ノートがタダでもらえるサービスなんです。

「タダなんてあやしい…」と思われたかもしれませんが、実際に筆者が試してみたので詳しくご紹介します。


自習ノートとは?



≪画像元:自習ノート


自習ノートとは、公式HPで会員登録をすると広告つきのノートがタダでもらえるサービスです

ノートの種類はたくさんあり、お絵かき帳や学習ノート、ちょっとした読み物が掲載されているノートなどがあります

一度会員になると2回目以降は簡単に注文できるようになり、月2回までなら何度でも発注することができます

タダでもらえる理由は、ノートに企業の広告が入っているからです。

自習ノートは学校でも公認で配布されており、先生から生徒に直接手渡されるので、企業側にとっては届けたい人たちに直接アプローチできるというメリットがあります。

企業側には宣伝効果があり、ノートがほしい人はタダでもらえるので、お互いがwin-winになれる仕組みになっています。

テレビでも紹介されているようです。




さっそく会員登録してみました!

タダでノートがもらえると言うと、「無料だから、紙質が悪いんじゃないか?」、「ページ数があまりないのでは?」と思いますよね。

そこで、どんなノートが届くのか、試しに筆者が注文してみました。

会員登録をするときは、学年・職業をプルダウンで選択するようになっており小1~高3までずらっと並んでいますが、社会人、保護者、教育機関という選択肢もありました。

公式HPを見るからに、学生用かな? と思いますが、社会人でも申し込めるようになっています

実際、会員登録をしてからほしいノートを選択するのかな? と思って登録してみると、さっそくメールが返ってきました。

メールを開いてみると

この度は自習ノートの会員登録を頂き、誠にありがとうございました。この段階で、ご登録頂いた住所に自習ノートの発送を承りました。


とありました! 会員登録すると同時にノートが発注され、どのノートが届くかはお任せのようです。

このとき返ってきたメールに、次回発注時に使用するパスワードが載っており、2回目からは登録したメールアドレスとパスワードを入力すれば発注が可能になります

パスワードの変更はできないようなので、メールに記載されたパスワードは忘れずにメモしておきましょう。


実際にノートが届きました!




≪筆者が選んだのはトライの広告入りの「自習ノート」≫


会員登録した翌日には発注したとの連絡メールが入り、5日後くらいに我が家にノートが届きました

ゆうメールで配達されたシンプルな茶封筒には学習計画ノートが2冊入っていました。

企業の広告ページが1、2ページ掲載されているものの、全ページオールカラーで、紙質は市販のノートのようでした。

ページ数も30ページほどあり、しっかりと書き込めるので大満足です。ノート代金のみならず、送料もかかりませんでした

自習ノートは、大人も子どもも個人で申し込めるようになっていますが、ぜひ子どものいる家庭で積極的に活用してほしいと感じました。

ノートの内容が子ども向けというのもありますが、本当に品質がしっかりしているので、大人がタダでもらって使うのには恐縮してしまうほどです。


≪他にもいろんなパターンがあります 画像元:自習ノート



これからはタダでノートを手に入れよう

世の中には無料でもらえるものがあふれていますが、自習ノートはその中でもとくにおすすめできるサービスです。

一度会員登録してしまえば、次回から簡単に発注でき、月2回までなら何度でも追加注文できるので、ノートにかかる費用を削ることができます。

品質も市販のノートに負けていないので、毎月子どものノート代がかかるという家庭はぜひ試してみてください。(執筆者:垣内 結以)

この記事を書いた人

垣内 結以 垣内 結以»筆者の記事一覧

1986年生まれのフリーライター。大学卒業後、大手損害保険会社に就職。正社員だった当時、「ボーナスは全額貯金が当たり前」という、根っからの貯金好き。日々節約にいそしみながらも、お金を使うときは楽しく使いたい派。「お金のこと、難しくてよく分からない!でも、損したくない!」というあなたに向けて、ストレスフリーな節約術から、効果的な貯金方法、知って得する保険の知識などを書いていきます。FP2級も取得しまいた。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ