【地震保険】地震リスクに備える費用を考える際に見落としがちなこと»マネーの達人

【地震保険】地震リスクに備える費用を考える際に見落としがちなこと

地震保険(建物、家財)は加入した方がいいのか?!



地震保険と言っても地震だけでなく、噴火、津波の場合にも補償される保険です。火災保険とセット加入となります

地震が原因で火災になってしまった場合も当然、地震保険に加入していないと支払い対象となりません

いつ起こるか分からない地震に備えて、被災後の多額の費用を常に準備しておく事は容易ではありません。

新築で住宅ローン残高が多い、貯蓄があまりない等の場合は地震保険で備える方法も1つと思います。

ひとたび地震で家を失ってしまうと、通常であれば家計の資産が大きなマイナスとなってしまいます。

特に住宅ローンの残高が多い世帯では、原則として家がなくなっても住宅ローンは返済しなければいけません

その結果、住宅ローンの支払いに加えて新たな住まいの費用も必要となります。貯蓄が無い場合は特に当面の生活資金にも困ってしまいます。


全壊し、同じ場所で建て替えをする際に見落としがちなこと

そして、もし仮に全壊してしまいその場所で建て替えをする場合を考えてみましょう。

倒壊した物を全て取り除く必要があります。

建物の構造(木造、コンクリ-ト等)や建坪にもよりますが、残存物を片づける費用もかかって来ます

この片づける費用を意外と見落としがちです。建築費用だけではすみません

補償対象としては建物、家財となっていますが、建物が対象の場合は建物の主要構造部(基礎、屋根、外壁、柱等)の損害の程度に応じて支払い認定されます。


加入するメリット、デメリットをよく考える



地震保険は保険料が高いという事をよく聞きますが、火災保険と違い保険会社と政府が支払いを保証する公共性の高い保険制度となっています

保険料算出は物件のある地域によって保険料が算出されていますので地震リスクに備える費用と考えれば高くはないのではないでしょうか。

加入するメリット、デメリットをよく考えて欲しいです。火災保険の不要な特約を見直して地震保険料に充当する方法もありますね

余談ですが、一般的には地震保険は住居を伴う物件が対象となります。 

ごく稀に対象物件でないのに地震保険が付帯されているケースもあるようです。相談される場合は損害保険の知識がしっかりある方が安心ですね。(執筆者:相原 隆志)

この記事を書いた人

相原 隆志 相原 隆志»筆者の記事一覧 http://www.e-hoken.com/hp/aihara

平成5年6月より保険業界へ。生保・損保の総合保険代理店を経営譲渡して平成25年より独立系ファイナンシャルプランナーとして活動。身内を病気で亡くした経験からドクター選びの考え方、セカンドオピニオンの心構え、考え方などもアドバイスしている。また、大切なお金を守る為にお金の勉強会、相続や生前贈与のセミナー、勉強会も開催している。
<保有資格>:ファイナンシャル・プランナー(AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士) /相続資産コンサルタント協会会員 / 剣道初段

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ