「新ビットコイン」が誕生する? 管理者のいないはずの通貨、ビットコインは幻だったのか?»マネーの達人

「新ビットコイン」が誕生する? 管理者のいないはずの通貨、ビットコインは幻だったのか?

こんにちは。国府勇太です。

最近国内外でさらに盛り上がりを見せるビットコインですが、現在とんでもない問題に直面しているのをご存知でしょうか?

それが新ビットコイン(Bitcoin Unlimited)」が生まれるかもしれないという問題です


そもそも、ビットコインとはなんなのか?


まずは、ビットコインについておさらいをしましょう。

そもそもビットコインとは、暗号通貨です。

お札のような実体があるものではなく、インターネット上で取引を行います。

スマホやパソコンにウォレットと呼ばれるアプリを入れて知人への送金に使ったり一部お店の支払いに使うことができます

銀行やサービス事業者を介さずにやりとりを行えることが特徴で、24時間365日、世界のどこでも送金を行うことが可能です

サービス事業者が日本円を使いやすくしたSUICAなどの電子マネーとは違います。ビットコインは円やドルとは異なるまったく新しい通貨です

最大の特徴は「管理者がいない」


そして、ビットコイン最大の特徴は「管理者がいない」という点です。

2009年にサトシナカモトという正体不明の謎の人物(日本人かさえもわからない)の論文を一部のコンピュータオタクが実装し、ビットコインは生まれました。

その後徐々に広がりを見せ、ピザを買ったり車を買ったりと通貨としての価値を持つようになり、多くの企業も支払いに導入するなどして信頼性を高めていきました。

その存在は各国政府や中央銀行も無視できないものとなるまでに成長しました

その間一度も破綻することなくシステムが動き続けています

ちなみに、日本で有名なマウントゴックス事件はビットコインを扱う取引所の一つが破綻した事件であり、ビットコインのシステム自体には関係がありません。


ビットコインを支える「ブロックチェーン」とは?

そして、ビットコインを支えている根幹が「ブロックチェーン」という技術です。

ビットコインの取引はすべて公開されており、世界中の誰でも閲覧することが可能です。

その全取引を約10分のブロックごとに分けて、前後のブロックをチェーンのようにしっかりつなげているため、改ざんをすることができない仕組みとなっています

過去からの全取引が一つの長いブロックとチェーンの連鎖となっています。

このブロックチェーンという技術を応用して、金融やその他の分野にも応用しようと各国の官民が研究開発を行い盛り上がりを見せています

最近では「フィンテック」や「ブロックチェーン」という用語が先行していますが、これらもすべてビットコインからスタートしたと言っても過言ではありません。




ブロックを作る重要な役割を担っているのが「マイナー」

そして、ブロック生成を行っているのがマイナー(採掘者)といわれるコンピュータです。

マイニングといわれる前後のブロックをつなげるための計算を行い、ブロック生成に貢献すると報酬としてビットコインが貰える設計になっています。

誰でもマイナーになることはできますが、最近ではこの報酬を巡ってブロック生成の競争が激化しています

今では専門の機械を何千台も大量に保有し、工場のような場所で行う企業が報酬を独占しています。

中でも中国のマイナーの勢いが強いです

今回の問題は、このマイナーが寡占化しビットコインネットワークを牛耳ることができてしまったという点にあるとも言われています


マイナーが新ビットコインを作ってしまう?

そんな盛り上がりを見せるビットコインですが、以前から問題を抱えていました。

ブロックのサイズが1MBと上限が決まっていて、ビットコインの広がりとともに取引が増えて容量がオーバーしてしまったのです(スケーラビリティ問題)。

この問題を解決するために、ビットコインのプログラムをマイナーアップデートさせようとする動き(ソフトフォークと呼ばれる)があります。

しかしなかなかコミュニティの賛同を得られず、実現に至っていない状況でした。

ここで、強硬な動きがでてきました。

なんと一部のマイナーが主導でビットコイン・アンリミテッド(Bitcoin Unlimited、BUとも呼ばれます)という、ブロックサイズの問題を解決することができる新しいビットコインを作るという動きが出てきたのです

そこにブロック生成を行うパワーが強いマイナーなどが次々に参加してきて、この新ビットコイン誕生がますます現実味を帯びています。

具体的には、過去から長く続いていたブロックチェーンがある時点を境に、旧ビットコイン(ビットコイン・コア)と新ビットコイン(ビットコイン・アンリミテッド)に分かれ(ハードフォークといいます)、新ビットコインは誕生します。

業界は大混乱


この問題に業界は大混乱し(コア派かBU派か)、投資家間でもビットコインを売却する動きが加速しています。

さらに、新ビットコインが出てきた場合(ハードフォークしたとき)どう対応するか、各取引所が共同で声明も出す騒ぎにもなりました。

ちなみに、ハードフォークが行われると、今までビットコインを持っていた人は、今までと同量分の新ビットコインが自動で与えられることになります

もちろん他方のブロックがなくなれば、そのコインは価値がなくなります

両者には互換性がないため、まったく別の新しいコインが生まれるということです。



「管理者のいない」通貨ビットコインは幻だったのか?

ある意味「中国マイナー」の実力行使ともとれるこの新ビットコインの騒動。

問題は、それが我々を含め数多くのビットコイン保有者の同意(コンセンサス)を得られず行われようとしていることです。

仮にハードフォークにより新ビットコインが誕生し、それがスタンダードになるのであれば「管理者不在の非中央集権型」というビットコインの図式は大きく崩れます

こういった前例を作ると、多くのパワーを持つマイナーの同意さえ得られればビットコインの設計が思い通りにできてしまうという批判もあります。

ビットコインの根幹に関わる問題だけに、それが他の仮想通貨やフィンテックそのものにも波及することになるかもしれません。

この新ビットコイン(ハードフォーク)、いつ行われても不思議ではないレベルまで来ています

2017年4月には仮想通貨関連法もいよいよ施行されます

ビットコインは今後どうなるのか? 今年その未来を決定づける大事な節目となりそうです。(執筆者:国府 勇太)

この記事を書いた人

国府 勇太 国府 勇太»筆者の記事一覧 http://blogs.yahoo.co.jp/markeyjfx

ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。現在ヤフー公式ブログの他、FX攻略.comでもコラム連載中。最近では、法定通貨だけではなくBitflyerにて仮想通貨ビットコインの分析記事も手掛けている。
<保有資格>:日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ