わが家の年間「固定費」と「貯金法」を公開! 税金はnanacoチャージで支払ってお得に»マネーの達人

わが家の年間「固定費」と「貯金法」を公開! 税金はnanacoチャージで支払ってお得に

わが家の年間固定費を公開します。



共働きで子供が3人いる我が家。

一昨年中古のマンションを購入しました。車はワゴン車を1台保有しています。

賃貸暮らしだったころに比べてマンションの固定資産税を払ったり、車を買い替える前に比べて自動車税が増えたりと、固定費も年々上がっています。

5月に払わなくてはいけないこれらの税金

年単位でかかる固定費を先取りで貯金する」、というのは様々なマネー記事などで書かれていますが、具体的にどのくらいかかっているのかを計算してみました

我が家の固定費


(1) 固定資産税 

10万1,000円

築35年のマンションを購入したので、固定資産税は下がりきっており、おそらくこれ以上は下がらないと思います

駅から徒歩9分、96㎡のマンションです。駐車場の土地権利付きなので、駐車場代は発生しません

(2) 自動車税
 

3万9,500円

ホンダのステップワゴン。もうすぐで新車で購入して3年になります。

(3) 保険

【自動車保険】 

6万2,000円

車両保険をつけているので高めです。新車で購入したのでつけていますが、この3年間で保険を使ったことは有難いことにありません。

【夫婦2人分の医療保険】

8万9,212円

一括払いをクレジットカードで支払っています。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の、医療保険とガン保険が一緒になったタイプのものです。

医療保険をかけることには抵抗があったのですが、身近な友人が病気で長期入院をしたときに、やはり保険があると精神的な安心がありよかったという話を聞き加入しました。

(4) 車検代

10万円

年単位でかかる固定費としては、(1)~(4)で約40万円ほどを見込んでいます

計算してみると、家や車を所有するということはお金がかかるなぁと思います。税金だけで14万円払っていますもんね。

夫婦ともに車好き! というタイプではないので、子供たちが大きくなったら車を手放して、駐車場の権利を賃貸にまわしたいと考えています。


固定費先取り貯金の方法と支払い方。



先取り貯金の方法としては、1月からの貯金をまずは先取り貯金として特定の口座に貯めていっています。

毎年5月に税金が、9月に各種保険や車検の費用が必要なので、1月から4月までに固定費の先取り貯金をしてしまうのが目標です

ちなみに、5月以降の貯金やボーナスは子供たちの教育資金や夏の旅行費、老後資金としています

支払方法は原則クレジットカードです。

ただ、固定資産税や自動車税などの税金はクレジットカードでも支払えますが、決済手数料がとられてしまいます。

例えば東京都(東京都主税局のサイト)の場合、税額1万円ごとに73円(消費税別)の決済手数料がかかるので、上記(2)の自動車税をクレジットカードで支払うと少なくとも219円プラスで支払うことになります

3万9,500円の自動車税をクレジットカードで支払うと395マイルになります。(ANA JCBカード10マイルコースの場合)

多少お得かもしれませんが、税金の額以上を支払うのは残念ですよね。


nanacoで支払うとお得です



≪画像元:電子マネーnanaco


なので私は、税金はnanacoで支払っています。nanacoで支払うとどうしてお得なの? と思われるかもしれません。

nanacoへのチャージをクレジットカードで行うことで、クレジットカードのポイントもたまるんです

チャージは無料なので手数料はかかりません。

直接クレジットカードで支払うとかかってしまう決済手数料が、nanaco経由だとかからないことになります

nanacoへのチャージでポイントがたまるカードは限られており、私は楽天JCBカードを税金の支払い用に作りました。

毎年、固定資産税と自動車税の14万円を支払うと、1,400ポイントたまります。楽天で1,400円分のお買い物ができてしまうのです。

ちなみに、楽天カードでnanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるのはJCBだけなので注意してくださいね! VISAなどではたまりません。

払わなくてはいけない税金、少しでもお得に支払うために参考にしてみてくださいね。(執筆者:村居 裕子)

この記事を書いた人

村居 裕子 村居 裕子»筆者の記事一覧

3人の子供を持つ主婦兼ライター。大学卒業後。新入社員当時から財形貯蓄をしたりと、貯金が好きな性格。貯金にこだわるあまり、気持ちよくお金を使えないというジレンマに気付き、しっかり貯金をしつつ、楽しくやりたいことはする!という生活をめざしている。子供を持つ主婦目線で、少し工夫で簡単に節約できるコツを書いていきます。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ