2018年からの新制度「積立NISA」とは? 現行のNISAとの違い、メリット・デメリットについて»マネーの達人

2018年からの新制度「積立NISA」とは? 現行のNISAとの違い、メリット・デメリットについて

積立NISAの特徴と、現行のNISAとの違いについて



2014年より導入されたNISA(少額投資非課税制度)。

貯蓄から投資への流れを推進したい国の思惑とは裏腹に、なかなか投資家の裾野が広がりません。

日本における個人資産のポートフォリオを確認すると、未だに異常な程キャッシュポジションが多い状況です。

積立NISAの特徴は、中長期でリスクを押さえた投資を実現できること。より初心者にフォーカスした施策と言えるでしょう。

果たして個人投資家の裾野は広がるのでしょうか。

ここからは、積立NISAの特徴と、現行のNISAとの違いについて確認していこうと思います


初心者には積立NISAがおすすめ。中長期スタンスの投資を実現する為の手段

上述した通り、積立NISAの特徴は中長期で腰を据えた投資を前提としていることです

今まではNISA口座を利用して、短期トレードを行われていた方もいらっしゃるでしょう。

しかし、積立NISAの新制度においては、いわゆる「日計り取引」は不可能に積立NISAで投資出来る商品にも制限が加えられると想定されます

結論から言うと、投資可能商品は投資信託のみになる予定です。更に、投資可能な投資信託の種類も限定されるでしょう。

つまり、積立NISAはあらかじめリスクを押さえ込んだ制度と言えるのです。積極的にリスクを取れない仕組みに作られていると言っても過言ではないでしょう。

また、非課税投資可能期間も最長20年。

ドル・コスト平均法を用い、中長期で投資することで、下値不安が更に少なくなります。よって、投資初心者におすすめの制度と言えるのです。


積立NISAと現行のNISAは併用不可。NISA積立におけるデメリットを確認

ここからは積立NISAにおけるデメリットを確認していきましょう。

積立NISAにおける一番のデメリットは、現行のNISA口座との併用が出来ないこと。投資家はどちらの制度を利用するか選択する必要があります。

また、非課税枠も年間40万円までと、現行のNISAの3分の1です投資可能商品も限られますので、株の投資を行いたい場合には必然的に現行のNISAを利用することになります




投資スタンスに合わせた選択を

積立NISAと現行のNISAでは、異なる点が多々あります

投資経験者には現行のNISA。投資未経験者には積立NISAがおすすめと言えるでしょう

投資初心者が日計りで利益を挙げることは至難の業。欲を出さずに、コツコツ投資をすることで勝率もアップするでしょう

一方で、積立NISAは投資経験者だと物足りなく感じてしまう可能性があります。自身の投資スタンスに合わせ、最適な方法を選択しましょう。(執筆者:徳田 陽太)

この記事を書いた人

徳田 陽太 徳田 陽太»筆者の記事一覧

札幌で働く元証券マンFP(ファイナンシャルプランナー)。立命館大学卒業後、大和証券株式会社に入社。法人・個人営業に従事し、5年間で4度社長賞受賞。退職後、Finanzaを設立し“chatでFP”サービスを展開。チャットやLINE利用による安価な家計相談サービスを実現。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
<保有資格>:証券外務員一種

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ