「正常分娩」も入院保障の対象となる女性に優しい保険「なでしこくらぶ」の内容とその注意点»マネーの達人

「正常分娩」も入院保障の対象となる女性に優しい保険「なでしこくらぶ」の内容とその注意点

新婚さんは、来るべき新生活に向けて夢も膨らみますね。

しかし、万が一の入院や「おめでた」があると、思わぬ出費がかさみます。

今回は、そんな新婚さんにおすすめの保険「なでしこくらぶ」を紹介します。




女性を育む保険「なでしこくらぶ」

「なでしこくらぶ」は、フローラル共済が提供している入院保障付き死亡保険です。

長期で安心、月々の保険料もシンプルかつリーズナブルです。

もちろん、入院保障や死亡保障もついています。

なでしこくらぶの補償内容


20歳~39歳の方が加入した場合、なでしこくらぶの月額保険料別の補償内容は、以下の通りです。



なでしこくらぶは男性も加入でき、上記の補償内容は男女ともに変わりありません。


なでしこくらぶのメリット

正常分娩も入院保障の対象


なでしこくらぶ最大の特徴は、正常分娩も入院保障の対象となる点です。

かつては自宅で出産する人が多いものでしたが、最近では病院で出産をする人が多くなっています。

妊娠・出産は病気ではないものの、入院をすると想像以上に高額な入院費用が掛かります。

出産は健康保険の適用対象外

「それならば普通の健康保険でもよいのでは?」と思いますが、出産やそれに伴う検査などは病気ではないため、基本的に健康保険の対象ではありません

また、他の任意保険でも、出産を適用対象としている商品はさほど多くありません

帝王切開などの異常分娩は対象となる保険商品は結構ありますが、正常分娩となりますとほとんど選択肢がありません。

女性は正常分娩での入院が多い

厚生労働省「患者調査」(平成20年)によりますと、女性の年齢別入院要因のトップ3は、以下のようになっています。



20代、30代ともに、正常分娩での入院が最も多く、結婚後1年以内に出産する人が全体の36%、結婚後3年以内では77%に及びます。

なでしこくらぶは入院1泊目から補償

なでしこくらぶは、正常分娩での入院保障がついています。

さらに、入院1泊目から入院給付金を受け取れ、年間最大30泊分を受け取れる手厚さです。


保険金の支払いがスピーディー


いくら手厚い補償でも、保険金支払いまでの期間が長いと、その間はお金に困ってしまいます。

なでしこくらぶでは、保険金請求書が到着してから原則2~5営業日以内に、保険金の支払いを実施しています。

85歳まで保険料は変わらない


なでしこくらぶは、75歳まで保険の新規契約が、85歳まで保険の更新が可能です。しかも、85歳まで保険料は変わりありません。

その分、各種補償が減らされますが、ないよりはましです。



≪画像元:フローラル共済



なでしこくらぶの注意点

申し込み日から出産が間もないと保険対象外、もしくは減額


正常分娩での入院が申し込み日から9か月未満ですと、保険金が支払われません。

また、加入後半年以内に病気によって保険金支払いがある時は、通常の20%、半年~1年以内の場合は50%に減額されます。

保険加入時に妊娠していると、異常分娩は補償されない


なでしこくらぶでは、正常分娩だけでなく異常分娩も補償の対象となっています。

しかし、それは保険加入時に妊娠していない人のみです。

保険加入時に妊娠していても保険に加入はできますが、異常分娩での保険金支払いはありません。

帝王切開の手術保険金は出ない


帝王切開の異常分娩による入院も、なでしこクラブは補償してくれます。しかし、あくまでも補償対象は入院のみで、手術給付金は支払われません。



≪画像元:フローラル共済



最後に

なでしこくらぶは、正常分娩の可能性が高い人にはなかなか良い保険です。

ただし、40歳を過ぎると保障が減らされるので、他の保険との併用も考えるべきです。

妊娠が関係ないのであれば、他の医療保険や入院保険の方がいいでしょう。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ