iDeCoで困った「加入・運用・給付」に答えてくれる疑問解消サイト7つ »マネーの達人

iDeCoで困った「加入・運用・給付」に答えてくれる疑問解消サイト7つ 

iDeCo(個人型確定拠出年金)してますか?

まだ始めていないという人も多いことでしょう。新しいことをスタートするのって、なかなか大変ですもんね。

でも、iDeCoの加入対象者が拡大してはや7か月以上もの月日が過ぎてしまいました。

まだ加入していないという人は7か月分の所得控除枠を失った計算になります。

また、すでに加入している人も、数か月が経過して「やっぱり運用って難しいな」と困っているかもしれません。



そこで、iDeCoで困ったときに使えるサイトを紹介しますので、ぜひこれらを利用して皆さんのお悩みを解決して頂きたいと思います。

(1) iDeCoの加入で困った


iDeCoナビ




≪画像元:iDeCoナビ


iDeCoで気になるのが管理手数料です。これらを一発で比較できるのがiDeCoナビです。

ただし、管理手数料を値下げする金融機関も増えているので、最新の情報は各金融機関のサイトで確認しておきましょう

りそな銀行 FPデリバリーサービス






FP(ファイナンシャルプランナー)に対面で無料相談を申し込めるサイトです。

りそな銀行が提供しているサービスですが、相談に乗ってくれるのはiDeCoについて訓練された独立系のFPなので、りそな銀行以外のiDeCo加入についても対応してくれるそうです。

iDeCoポータル




≪画像元:iDeCoポータル


iDeCoの魅力はなんといっても所得控除。ただ、その効果は収入や家族構成によって異なります。

もし、iDeCoで積立てたらどれだけの税優遇効果があるのか? こちらのサイトでシミュレーションをしてみましょう


(2) iDeCoの運用で困った

モーニングスター投資信託講座






モーニングスターは、投資信託を評価する会社です。運用で困るのは投資信託の選び方でしょう。

こちらのサイトで投資信託や分散投資の基本を学ぶことができます。運用を見直す時にも一読してみると良いでしょう

ヤフーファイナンス世界の指数・長期金利






分散投資をしていても、運用に大きな影響を与えるのは株式の値動きです。

定期的にヤフーファイナンス等でTOPIX(東証株価指数)をはじめとする主要国の株式動向は確認しておきましょう

加えて、為替相場の動向も定期的にチェックしておきたいものです。

マネーシミュレーター「みらい電卓」~積立編(野村證券)






積立額や運用利回り等を入力することで、簡単に運用結果の金額を計算することができます

運営管理機関のシミュレーション


基本的に、どの運営管理機関でも、自分の投資タイプや目標利回り等に合わせて最適のポートフォリオ(資産配分)をシミュレーションしてくれるページを用意しています

ぜひ、そういったサービスも活用してみましょう。

(3) 給付で困った

Money Lifehack




≪画像元:Money Lifehack


iDeCoはお金の受け取り方によって税金の計算が異なります。

もちろん、どの受け取り方でも税優遇の措置があるのですが、できれば一番得をする受け取り方を選びたいものです。

この受け取り(給付)時の税金について解説しているサイトです。

りそな銀行 FPデリバリーサービス






A加入時にも紹介したサイトですが、税金等の仕組みが難しいと思ったら、iDeCoについて訓練された独立系のFPに直接相談して理解すると良いでしょう。

給付時には手数料もかかるので、税金と手数料のバランスも考えて受け取り方を検討してみてはいかがでしょうか?(執筆者:瀧川 茂一)

この記事を書いた人

瀧川 茂一 瀧川 茂一»筆者の記事一覧 https://www.prudent.co.jp/

プルーデント・ジャパン株式会社 代表取締役社長
早稲田大学大学院ファイナンス研究科 修了
ファイナンス修士(専門職)MBA
システムエンジニアを経て、自身のライフイベントをきっかけに、確定拠出年金分野での教育専門会社である同社に入社。多くの運営管理機関からのアウトソース業務を請けつつ、事業主から直接「加入者目線の継続教育」の企画を依頼され、年間200件以上の「DC継続教育」プロデュースを手掛ける。
<保有資格>:企業年金管理士、DCコンシェルジェⓇ

【寄稿者にメッセージを送る】

瀧川 茂一の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ