先週の市況をダイジェストで振り返る(8月第2週)»マネーの達人

先週の市況をダイジェストで振り返る(8月第2週)



2017/8/7 月

米国の7月の労働統計が予想以上に良かったことからドル高、債券安。Fedは9月から資産圧縮に入るとの観測。

ゴールドマンサックスを筆頭に金融株が堅調。公益、ヘルスケア、消費財の各セクターは軟調。

ユーロ安になったことから欧州市場では輸出関連を中心に全面高の展開。


2017/8/8 火

米国では米ドルが先週来の上昇となり国債のイールド、金、原油価格が下落。原油は主要産出国が供給過剰問題を検討中。

米国ではエネルギーが軟化したがテクノロジー、消費財が堅調でダウ、SP500ともに史上最高値。

欧州ではドイツの工業統計が予想以上に悪くDAXは軟化したが、鉄鋼、鉄鉱石の価格上昇からアルセロールミタル、アングロアメリカン、リオティント、グレンコアなどが上昇しFTSEは上昇。


2017/8/9 水

米国市場では市場を動かす大きな要因はなかったがトランプ大統領が北朝鮮に警告メッセージを発し、市場はボラティリティが上昇。株価下落。

欧州では旅行・レジャー関係は安かったが、公益株、エネルギー、自動車関連などが値を上げ市場全体としても上昇。


2017/8/10 木

米国ではティラーソン国務長官が北朝鮮に対する軍事行動を直ちにとるわけではないと軌道修正。VIX指数は下落したが、株価指数はほぼ横ばい。

欧州では、北朝鮮がグアムを攻撃する意図を表明したことから全面安となり、CAC40は1.4%、DAXは1.1%それぞれ下落した。値を上げたのは金の生産企業のみであった。


2017/8/11 金

トランプと金の言い合いが市場に悪影響を及ぼし、金、日本円、米国債といった安全資産が値上がりし、VIX指数は44%の上昇。

米国市場ではMacy’s やKohl’sといった小売りの販売が伸び悩み株価低迷。

欧州市場では保険会社のエイゴンやCoca ColaHBCなどが値を上げたが循環銘柄が値を下げ市場全体も軟化した。



以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明»筆者の記事一覧 http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)

【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ