「菌活」のススメ 4種類の「菌」で腸からキレイになろう»マネーの達人

「菌活」のススメ 4種類の「菌」で腸からキレイになろう

健康と美を手に入れることができる菌活とは



綺麗になるためには、外見を磨くことは非常に大事ではありますが、内側からもケアをしていくことが何よりも大切になります。

内側とはつまり「食」です。

口に入れた物によって自分自身の体が作られていくので、健康はもちろん美容にとっても大きな影響を与えます。

食の重要性を意識して、綺麗を目指している人が始めている「菌活」をご存知ですか?

婚活・妊活などの○活が世の中ブームですが、菌活も是非知って実践してみて下さい。

菌活とは

発酵食品や菌を含む食品を食べて体内にいい菌を摂取して、腸の中で良い菌を育てること

を言います。

発酵食品や菌を含む食品を食べれば綺麗にもなれて健康にもなれてしまいます。

しかし、発酵食品や菌を含む食品を食べても3日ほど経てば体の外に排出されてしまいます。

ですから一気に食べるのではなくて、毎日継続して食べるようにしなければなりません。毎日の積み重ねが大事になります。

その発酵食品や菌を含む食品は種類はたくさんありますが、どれも近くのスーパーなどで簡単に手に入る物ばかりです。

そして、なんといってもお財布に優しい値段の物がほとんどです。

今回は、お手軽な発酵食品や菌を含む食品を食べて体の内側から綺麗になる菌活の方法をご紹介します。


4種類の菌を詳しく説明しましょう

菌の種類は大きく分けて4つになります。

それは、きのこ菌・乳酸菌・納豆菌・麹菌です。

すべてリーズナブルにどこでも手に入れることができるものばかりなので、菌活はすぐにでも始められますよ。

1. きのこ菌




菌活で最大の威力を発揮するのは「きのこ菌」です。しいたけ・しめじ・まいたけ・エリンギ・なめこなどと種類が豊富です。

きのこはビタミンB群が豊富で食物繊維も豊富です。

低カロリーでダイエットにも向いてますし、肌荒れ防止や整腸作用や免疫力アップなど、いい事尽くめです。

その中でも「まいたけ」はダイエット効果が一番高く、「なめこ」はむくみ解消をしてくれます

もうこの時点で、きのこを買いだめして食べまくりたくなりますよね。まさしく、「綺麗になりたい人は、きのこを食すべし」ですね。

料理にきのこを用いたい場合は、とにかくどんな料理にもきのこを入れてしまうのがいいでしょう。

和食・洋食・中華と何にでも合いますよ。そこまで味の主張がないので大きく切って使ってもいいですし、細かくしてハンバーグなどに入れてもいいです。

ですから冷蔵庫に常備するようにして、毎日食べられるようにしましょう。

2. 乳酸菌




次は乳酸菌です。

ヨーグルト・チーズ・キムチ・ぬか漬けなどになります。乳酸菌は腸を整えてくれる善玉菌としては広く知られていますね。

キムチは韓国では毎日のように食べる方が多いですが、韓国の方は肌が綺麗な人が多いです。

腸内環境を整えることで毒素が体内に残りづらくなるので、肌荒れや吹き出物などが自然となくなります。乳酸菌を採れば、肌が綺麗になること間違いなしですよ。

また、ビフィズス菌の入っているヨーグルトを2週間続けて食べると、花粉症の症状が改善されそうです。悩んでいる方は是非試してみて下さい。

3. 納豆菌




次は納豆菌です。

納豆菌は当然納豆にあります。納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という酵素が、血栓を溶解する作用と血液をサラサラにする働きがあります

とにかく体にいい納豆は、朝に食べるよりも夜に食べたほうが体にとっていいそうです。

そして、一番旨みを引き出す食べ方は、ある程度混ぜてからタレを少しずつ入れて400回ほど混ぜた納豆が一番美味しいそうです。

時間があるときに挑戦して、食べ比べてみたいですね。(筆者が試すべきでしょうが、どうしても挫折してしまいます)

4. 麹菌


最後は麹菌です。塩麹・醤油麹・味噌・甘酒などになります。一時期大ブームになった塩麹を試した方も多かったのではないでしょうか。

ただお肉にまぶして焼くだけで、お肉は柔らかくなり美味しくなる魔法の塩麹ですが、体にとってもいいんです。

そして美肌になりたい人は、甘酒が非常にお勧めとなります。

「飲む点滴」という名も持っている甘酒は、とにかく肌に良いのです。美白・美肌効果が期待できます。さらには目のクマやニキビ肌も改善してくれます。

また、炭水化物・脂質・タンパク質の3大栄養素が含まれているので、栄養価が高くバランスがとれた飲み物です。

1日朝晩の2杯飲んでいれば、健康を維持できて風邪の予防もできてしまいますよ。甘酒は要チェックです。

味噌も体にいいので、1日に1回味噌汁を飲むようにすれば毎日摂取することができます。日本食は本当に体にいいものだと改めて思うことができますね。




お金かけずに健康と美を手に入れよう

1番のお勧めが、それぞれの菌を意識して採るようにする時に、菌を組み合わせるようにすることです。そうすることで相乗効果が生まれます。

また、食べる菌を少数に絞ってしまうと飽きてしまうことがあるので、いろいろな菌を上手に摂取していくようにするといいですね。

菌活は、お金をかけずに健康と美を手に入れる方法と言えます。

美しくなる事は健康がベースにあってこその美しさとなります。健康を保ちつつ美も追求していけるよう菌活をして、体の中から綺麗にしていきましょう。

先ほど上げた菌が冷蔵庫にない場合は、スーパーに今すぐ買いに行きましょう。

冷蔵庫にある場合は、今すぐ食べるようにしましょう。それが菌活の第一歩となりますよ。(執筆者:小祝 可奈子)

この記事を書いた人

小祝 可奈子 小祝 可奈子»筆者の記事一覧

OLから転職して美容師へ。その後ヘアメイクアップアーティストとしてテレビやブライダルを中心に活動。結婚して2児の母になり、WEBライティング技能検定の資格を取りライターへ。子育てと両立して隙間時間にライティング。やりたいことは何でも挑戦!毎日ハッピーに過ごせるように全力投球。子供が生まれてからは、節約を心がけるように。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ